芸の道ははてしなく
kotan.exblog.jp

えっ?あれ、アルスじゃないの?
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ:こたん日記( 32 )
リロード前夜
b0064907_1131918.jpg
中の人にすすめられて、未来クエストに挑戦してみました。

明日から世界の仕組み変わって、わたしたちの力はおさえられるそうです。
その前に、激しいたたかいになる未来クエストをクリアしておいたほうが、楽だよ…だって。

いつもどおり、芸人くんをさそって、レイウーク西部の立入禁止区域へ向かいます。
いくぶん、低いレベルのパーティ向けのクエストのようで、この区域のクエストはあっさりクリアできました。 続いて、謎を解くために、未来へ。

そこで、とても悲しいお話を聞かされました。
とてもとても仲が良い二人なのに、一方はそれを覚えていられない。
いずれは忘れてしまうんだそうです。
楽しい時間を過ごした相手が、そのことを忘れてしまうということは、その相手が死んでしまうのと同じことだと思います。楽しい時を共有したはずの人が、全くの別人として目の前にいるということ。もしかしたら、死んでしまうより残酷かも知れません。
そして、なにより悲しいのが、忘れてしまった本人が、忘れてしまっているが故に、忘れていることを悲しいと思えないということ。

大きな目的のために、大きな力を持つ人が、わたしたちに助言してくれます。
でも、わたしたちは、このふたりのために力をつくしたいと思いました。

二人が、ずっと二人でいるために、越えなくてはいけない困難は、とても厳しいものでした。
わたしも、彼も、何度も全ての体力を使い果たしました。
それでも、わたしたちはあきらめる気にはなれません。

結局、わたしが五度、彼が三度気を失って、やっと二人を二人のための場所に送り届けることができました。

b0064907_253082.jpg二人は、わたしたちに、ひとつづつお守りをくれました。 普通では手に入らない、貴重なものです。
でも、大きな魅力を感じたかというと、そうでもありません。

このおまもりが嬉しくないというわけじゃないんです。
ただ、それよりも、二人が二人のための場所にたどり着けたことの方が、わたしたちにとってはなによりのご褒美だったなぁ…って。
ふたりで、もらったお守りを身につけつつ、そんなことを考えていました。
[PR]
by chiboru | 2004-12-20 23:30 | こたん日記
ご報告
b0064907_2247218.jpg
昨日のこと。
場所はマデリンの教会です。

クエストの進行中に、ぐつぐつ煮込まれる熊を目撃しました。

ちがう…と。


今日の朝までやっていた、福袋キャンペーン。
なんとか、インキュバスの翼+4をゲットできました。

実は、かなり芸人くんに手伝ってもらったんですけどね。
でも、そのおかげで、先週の福袋ドロップ率アップ当日には、翼交換にひつような600個は集まっちゃいました。

…で、せっかくドロップ率が上がっているのに、なにもしないのも勿体ないと思いません?
というわけで、お手伝いしてくれた芸人くんの分もゲットしてみようということになりました。
芸人くん :「え~、別にいらないよ~」
わたし  :「なにいってんの。 せっかっくだから、挑戦してみようよ。」
遠慮する(中の人:遠慮じゃないと思う…。(汗) )芸人くんをたきつけて、再度、福袋集めに奔走します。

1週間たって、果たして結果は…。

…足りません。(T.T)

仕方がないので、足りない分は露店でそろえることにしました。
当然、わたしがそんなお金を持っているはずないので、魔法士の姉からお金を借りることに。
「杖を買うために貯めておいたのに~」という言葉は聞き流して、銀行から引き出します。

ひどいかな…。(^_^;
でも、姉さんが欲しい杖って、まだ装備できないじゃない。
装備できるまでには、ちゃんと返しておくから許してね。

そんなこんなで、なんとか不足分の福袋を買いそろえて、交換することが出来ました。
ふっふっふ。 おそろいです。
b0064907_023495.jpg


その後のこたん:
そろそろ、未来のクエストをこなせるぐらいのレベルになってきたので、メインのクエストをひととおりクリアしておこうと決心しました。 魔法士の姉が一通りクリアした道なので、姉情報に従えば、割と楽なかんじかな?

…と、クエストの途中でザイドをふらふらしていたら、maileさんに声をかけていただきました。
なぜか、クエストをこなしているときに、よくお会いします。

お会いしたときに、すぐ側にもう一人芸人さんがいらしたので、わたしはmaileさんのお知り合いかなぁ…と思ったのですが…。
maileさんも、その芸人さんが私の相方さんだと思ったそうです。

お互いに相手の関係者かと思ったら、実は全然関係ない方だった…というオチでした。(^_^;
[PR]
by chiboru | 2004-12-14 23:47 | こたん日記
おかいもの
今日は、僧侶の姉さんが魔法士さんとお出かけなので、わたしの狩りはお休みです。

かといって、ずっと家にいるのもたいくつなので、ライムの露店市へいってきました。
狙いは、なかなかゲットできないバード装備。
あれだけ、カニさんゾーンが混んでいるんだから、一つぐらい見つかるよね。

b0064907_0564189.jpg
なんだか、いつもよりお店の数が少ないですねぇ。
ちょっと、イヤな予感が…。

そうそう、バード装備も大事だけれど、青い福袋も探さないと。

インキュバスの翼+4を狙っているのですが、なにせ福袋が600個も必要です。
一応、頑張ってみたのですが、一人ではちょっとムリ。(^_^;
結局、足りない分は、買って補うことにしました。
先日、見て回った感じでは、青い福袋、1つ10万セゲルというのが相場なのかな。

…で、見て回ったのですが、微妙に値上がっています。
12万、15万、すごいお店だと20万セゲルというのも(!)
う~ん、倍は出せないです。

結局、青い福袋は思ったほど仕入れられませんでした。
今日は露店が少ないので、仕方ないのかもしれませんが、このままだちょっとキビシイなぁ。

さてさて、肝心のバード装備ですが…。


b0064907_1104881.jpgなんとか靴だけは見つけました。
なんと、+3!!
ふっふっふ~。(*^_^*)


確か、帽子と胴はゲットしたって言っていたから、あとは脚かな。

芸人くん、喜んでくれるといいなぁ…。
[PR]
by chiboru | 2004-12-06 23:30 | こたん日記
日いづる場所
昨日(今朝?)につづいて、わたしの日記です。
今日は芸人くんも時間が空いていたようなので、先日のお気に入りの狩場へ向かいました。

全滅しました…。(T.T)
b0064907_22305498.jpg

…というのは冗談ですが、わたしは3回、彼は1回、お星様になりました。

先日狩ったときは、アメマくんをかりつつカニさん狩りをしてました。
しかし、今日はもうすぐ装備することになる、バード装備を入手が第一目標。
バード装備を落とすと言われているカニさん集中狩りだったんです。

そしたら、想像以上に痛かったんですねぇ。(^_^;

レベル差がまだまだあるので、命中率がいまひとつです。
そのため、MISSがいっぱい出て、挟み撃ちにしても攻撃対象が変わりにくいのが一つ。
あとは、クリティカルをうけるとHPの半分以上のダメージをうけてしまいます。
…ということは、2発うけると、あっさり天に召されてしまうのでした。

それで、一方が戻ってくる間、もう一方は死んだふりで待っていたんですね。
一人じゃ、とても闘えませんから。
上の写真は、そんな中での1シーンでした。


そうそう、狩りをしていて発見したことがひとつ。

皆さんご存知でしたか?
シィルツでは、太陽は水中から昇ってきます。
b0064907_22405888.jpg

てっきり、水平線からのぼるものだと思っていたのでびっくり。

b0064907_22451224.jpg上の証拠写真を探していて気付いたのですが、写真の右上に朝日を見に来たカニさんカップルの姿が!

このあと、わたしたちで狩っちゃいましたけど。

ひどい?(^_^;

さて、肝心のバード装備ですが…。

全然、でませんでした。(T.T)

前回狩ったときは、吟遊詩人の帽子がでたので、わりと楽かなぁと思ってたんですけどね。
世の中そんなに甘くはないようです。
露店で探した方が早いのかなぁ…。
[PR]
by chiboru | 2004-12-05 22:54 | こたん日記
アレフクエストクリア!
またまた、ひさびさのこたんです。
中の人が「不機嫌だから」とかなんとか言ってますが、そんなことはありません。
単に忙しかったのです。
中の人:どこにも行かなかったのに、なにが忙しいの?(笑)
それは内緒…。
中の人:ずっと家にいたもんね~。
うるさいなぁ…。
わたしにも、いろいろあるんですっ。


気を取り直して、今日の日記です。
…じゃないですね。
昨日は帰ってきたら、とっても眠かったのでそのまま寝ちゃいました。
だから、昨日の日記です。(^_^;
久々なので、ちょっと(?)長めな日記になってます。

さてさて、先日、お友達の芸人くんがアレフのクエストをクリアしました。
わたしは、おつきあいでご一緒しただけなので、クエストはやっていません。
レベルが十分なくらいに上がってから、いろいろなクエストをクリアしようと考えていたので、いろんなクエストが残してあるんですね。
でも、同じレベルの芸人くんがあっさりクリアできたみたいなので、そろそろ潮時なのかも。

…ということで、今日はアレフクエストクリアを目指します。
事前に、魔法士をやっているお姉さんから情報をきいてから、お出かけです。

まずは、ザイドでおばあさんのお世話ですね。

b0064907_9474325.jpg酒場のおにいさんに依頼をうけて、おばあさんのところにおしかけます。でも、いきなり、なんかイヤ~な感じです。酒場のおにいさんは、いい感じの人なのにねぇ。きっと、本当の息子じゃないのね(暴言)。

お仕事は、本を読むことに。
これ、シリーズもののはずなのに、3巻のあとがいきなり10巻しかありません。この間のお話が気になるなぁ。

本の1巻を読んだら続きが気になるので、おばあさんは感じ悪いけど、お世話を続けます。(笑) そしたら、10巻を読み終わったところで、おばあさんからお願いをされました。

墓地にいる小さな子の世話をして欲しいんだって。
実は、結構優しい人だったのかな。
息子が相手をしてくれないから、すねてたのかも。
「感じ悪い」って言ってごめんなさい。

b0064907_12174793.jpg
さっそく、墓場に行ってみると…。
いました、小さな子供がいます。…って、幽霊じゃない。
話しても反応がいまいちだし…。
この子じゃないのかな?

しかたがないので、更に奥にいってみると、おっきな十字架のところが光っています。
光っているところに子供がいるって…。
なんか、どっかで聞いたようなお話だなぁ。(^_^;

でも、話しかけてみると、全然、様子が違います。
お菓子をあげると、食べてくれます。

ふっふっふ。餌つけ成功♪

しかも、話しかけてみると、そのまま返すだけですが言葉を覚えたみたい。
しかも、「嫌いだよ」というと、「好きだよ」なんて返してきます。
う~ん、かわいいかも。

b0064907_12242778.jpgお姉さん情報によれば、光る彼とお友達になったところで、このクエストは完了。
ということで、さっそく、アレフダンジョンのある世界の果てへ飛びます。

ふらふらと、アレフダンジョンのある山を登ろうとすると、芸人さんが狩りをしています。
お名前をみると、maileさんじゃないですか。
先日、お友達の芸人くんと仲良くお話ししているところを見かけた~と、こちらのblogへコメントしてくださった方です。せっかくなので、ごあいさつ~。

きょうはひとりなんだね、と言われてしまいました。(^_^;
最近、あの芸人くんお忙しいようで、なかなか狩りに出かけられません。

ではでは~と、maileさんとお別れして、そのままアレフダンジョンへ~。





先日はいれなかったアレフ部屋も、今日は必須クエストを終わらせているので入れます。

クエストを進めて、大事な質問が投げかけられます。

友達か敵か?

ここで、むくむくと黒い考えが沸いてきました。(笑)
お姉さんは、ここで「友達」って応えたんだよねぇ。
気分的には、友達になりたいところ。墓地の光る子もかわいかったしね。

でも、「敵」って応えたらどうなるか知りたいっ!

好奇心に勝てなかったわたしは、「敵」と応えます。
そうすると、あたりの景色が一変して、アレフがいっぱいの部屋になりました。
目の前にいた、アレフを倒すと、アレフの水晶がもらえます。
どうやら、さっきまで話していたアレフさんみたいです。

う~ん、ちょっと後味わるいなぁ…なんて思いながら、さっきのアレフさんが言っていた、エリムの魔法士さんに会いにいってみました。

b0064907_12452238.jpgすると、今回の一件で、魔法士ギルドに居づらくなった様子。
それはそうかも…。

更に、今後の身の振り方まで聞いちゃいました。
これって、お姉さんからもらった情報の中には無かったから、新情報だよね。そっかぁ、「敵」って応えると、こういう展開になるんですねぇ。

これで、めでたくクエストクリア。


で、このクエストのためにアレフダンジョンの中を行ったり来たりしたんだけど、遅い時間のせいか、どの狩場も空いています。
そういえば、芸人くんが次のバード装備、欲しがっていたんですよねぇ。
たしか、アレフダンジョンの爆弾魔さんって、バード装備を持っていたような…。
バード装備、あげると喜ぶかなぁ…。
b0064907_1252119.jpg
というわけで、爆弾魔さんゾーンまで、ひとりでお出かけ。

早速、狩りはじめて気付きました。
先日、狩ったときは芸人くんがいっしょだったんです。
ひとりで戦うと、時間もかかるし、攻撃が全部じぶんにくるので、痛くていたくて…。(T.T)
しかも、時間がかかるせいで、倒した爆弾魔さんが沸いてきて。後ろからも襲いかかってきます。

やっぱり、一人じゃむりみたい。(ノ_<。)
いっしょに、狩りに行こうよぉ。>芸人くん

あしたは、会えるかなぁ…。
[PR]
by chiboru | 2004-12-04 23:30 | こたん日記
グラシス川下流デビュー
久々に、わたしの日記です。
ここって、私の日記がメインのはずなんだけどなぁ…。
さてさて、気を取り直して始めます。

今日も、いつもの芸人君とお出かけ。
サメを狩ろうと言うことに。

でも、今日は刈り始めると、すぐに人の狩場とかさなっちゃいます。
場所を変えるのですが、すぐに別の人とこんばんは。
ん~、今日は混んでるかも。

ちょっとムリして、グラシス川下流へ行ってみようか、と芸人くんに言ってみます。
本当はワンランク上の服が着られるようになってから、行こうと話していたんですけどね。
芸人くんは、いまひとつピンとこないのか、「うん、いいよ」とあっさり。
ふたりとも、まだ足を踏み入れたことのない場所なので、私はちょっとどきどきです。

はいって、少し進むと、初めて出会うバイルがいます。
アメマイトくんとクレックラブくん。
なんかこの世界って、バイルのレベルが上がれば上がるほど、外見が怖くなっていくような…。
トレビア谷のうさぎさんがなつかしいです。(-_-;)

愚痴っていても仕方がないので、いつも通りはさみうちで狩りを始めます。
アメくんもカニくんも、のんびりやさんなので、はさみうち向きかな…と思ったのですが…。
b0064907_0545074.jpg
のんびりした性格のせいか、後ろから攻撃しても怒りません。
最初に攻撃した人から、なかなか、攻撃対象が移らないのです。
初志貫徹というか、周囲を気にしないと言うか…。(T.T)

それでも、しつこく攻撃しているとさすがに気付く見たいですし、足が遅いから攻撃対象になっている方が逃げながらもう一方が攻撃すればわりと楽です。
気になっていたダメージも、2発ぐらいは受けても大丈夫そう。
痛いことは痛いんですけどね。(^_^;
それでも、貰える経験値を考えると、サメさんやソーラーさんよりお得かもしれません。

これから、狩場はこっちにしません?>芸人くん
[PR]
by chiboru | 2004-11-27 23:50 | こたん日記
おやっさんて誰?
今日は、いつものお友達芸人さんがいなかったので、一人でお出かけです。

グラシス平原のソーラーヶ原や十字湖のケーンヶ丘へ行ってみたのですが、なんか混んでます。隙間を見つけて狩るのですが、他の人の狩場と重なりがち。

なるべく、人がいる方向は避けるようにしているのですが、それでも、ついつい側で狩っちゃうこともあります。そういうときは、ご挨拶代わりに辻催速マーチ。
こういうときに、「あり」とか言われると嬉しくなっちゃいます。
(まぁ、お礼を言われるのが目的じゃありませんが…。(^_^; )

ただ、気になっているのが、戦闘中に攻撃速度が変わるのって実は迷惑なのかな、ということ。
コンボとかタイミング変わると、実はつらいのでしょうか。
だいたいの人は、そのままコンボを続けて、決めぜりふを叫んでるみたい。
だから、大丈夫だと思ってるんですけど…。

で、1時間ほど狩ると、ほぼダーツを使い果たしたので街に戻ります。
でも、あと10%程でレベルがあがるので、手っ取り早くサメさんゾーンで狩りをする事にしました。

いつも、お友達の芸人さんと一緒に狩っている場所ですが、一人だとさすがに倒すまで時間がかかります。やっぱり、ちょっと痛いなぁ。(T.T)
b0064907_2143256.jpg
おやっさんって誰?(^_^;

…などとサメさんの言葉に惑わされつつ、なんとかレベルアップできました。
[PR]
by chiboru | 2004-11-22 23:30 | こたん日記
おたおた・・・
b0064907_21292837.jpg

最近、お気に入りの戦い方があります。
…といっても、たいしたことではないんですけどね。(笑)

このところ、わたしと同じ芸人さんとパーティを組んで、狩りをすることが多いのです。
そこで狩るときに、もう一方と距離をおいてバイルを挟み撃ちにします。
こうすると、バイルのターゲットがわたしになったり、相手の芸人さんになったり。
で、二人の間を行ったり来たりしているウチに、哀れバイルはお亡くなりに。

まぁ狙いはこうなのですが、そうそううまくいくわけでも、ありません。
なかなかターゲットが移らなくて、一方だけが殴られちゃったりとかね。
でも、二人が並んで攻撃するよりは、殴られる確率は減るわけです。
うまくいって、お互い一発も殴られないと、結構、嬉しかったり。(笑)

これ、本当は足の遅いバイルでやると、とっても効果的だと思うんです。
ターゲットが移ってそっちに向かうのに時間がかかりますからね。

でも、最近のお気に入りは、図体に見合わず足の速いサメさん。
殴られちゃう確率は高いのですが、うまくいくと、二人の間をおたおたと行ったり来たり。
サメさんの慌てぶりが、妙に楽しくってハマってます。

ひどい?(^_^;
[PR]
by chiboru | 2004-11-19 21:33 | こたん日記
てっかてか
今日も、僧侶の姉さんが新人魔法士さんとお出かけなので、わたしはお留守番です。
ん~、わたしの日記なのに、冒険がない~。(T.T)

あんまり暇だったので、服を精錬してみました。

本当は、服がてかてかするので、防具の精錬はあまり好きじゃありません。
それに、今着てる誘惑の服は、なんか可愛くないのでいまひとつ好みじゃないんですよねぇ。
そんなのに、宝石をつぎ込むのもちょっと…と思っていたのです。

…ですが、先日、サメ狩りにいったら、とっても痛くて耐えられません。
(普通に考えたら、布で錨の攻撃を防ごうというのが間違いのような…。)

ルビーをつぎ込むのも、もったいないので(貧乏性!!)+3止まりです。
こんな感じになりました。

b0064907_2049499.jpg

ふふっ。
水晶効果でお肌もつやつやに♪♪

…というか、テッカテカ。
…というより、油ギトギト?
業務用食用油をひっくりかえしちゃったの?って感じ。(T.T)

早く吟遊詩人装備にしないと…。
[PR]
by chiboru | 2004-11-18 20:53 | こたん日記
緊急指令「福袋を収集せよ」
…ってなに?(^_^;
お城の倉庫が、バイルに襲われでもしたのかな。

なんにせよ、バイルのもってる福袋を集めると、アイテムと交換してくれるんだって。
引き替えアイテムの一覧をみると、いろいろと魅力的なものがあります。

インキュバスの翼かぁ…。
魔法士の姉さんが、さんざんインキュバス狩ったけど出なかったって言ってたっけ。
G武器もいいなぁ…。

期待に夢を膨らませながら、ソーラーを狩りにいつものグラシス平原へ。
…と思ったら、ソーラーヶ原は人でいっぱい。
やっぱり、みなさん考えることは一緒なんですねぇ。

仕方がないので、いつもは比較的空いているサメヶ丘へ方向転換。
ソーラーヶ原ほどじゃないけど、ここも混んでます。

人を避けつつ、狩ること200サメ。
出てきた福袋は、緑の福袋が3つ。
あんたたち、こんな少ししか持ってないの?
どっかに隠してるんでしょ?
おとなしく出した方が身のためですよ~。(-.-#)
…出しても殴るけど。

こんなんじゃ、翼どころか水晶もむりだよぉ。(T.T)
[PR]
by chiboru | 2004-11-17 00:40 | こたん日記