芸の道ははてしなく
kotan.exblog.jp

えっ?あれ、アルスじゃないの?
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
魔法士 「ぴこ いろいろやる」をみる
鍛冶士で、ザイドをふらふらしていると、
「そこのおにーさん、レッドソイル行くんだけどいっしょにどう?」とナンパされました。
声の主を見てみると、こちらのピコちゃんです。

ウチの鍛冶士は、まだ60代。 どう考えても、自殺行為です。
私には、「[町に戻る]画面が好きで好きでたまらない!」といった粋な趣味もないので、
もう少しレベルが上の魔法士で参加させてもらうことにしました。

このパーティ。
レッドソイル向けにはまだまだ若いながらも、魔法士が二人いたので、
金属製のバイルと相性がいいみたい。
レッドソイルの金属性といえば、大小のカメ。
彼等を目指して出発です。

…が、それはまた別の物語。
今回は、カメ紀行から帰ってからのお話をさせていただきます。

収集品の分配もおわって、まったりおしゃべりしていたときのこと。
ピコちゃんが、親玉ペドロンソロをやりたいんだけど…と切り出します。
こちらでも書いておられますが、長年の夢だったようです。

ということで、カメ討伐隊は急遽ペドロン討伐観戦ツアー御一行様になりました。

鍵を探すのに手間取って、若い魔法士さんが撲殺されるというハプニングもありましたが、
なんとか、親玉ペドロン部屋に到着。
ピコちゃん対親玉ペドロンのバトル開始です。

同行した僧侶さんが、治癒の奇跡を施そうとすると
オレ達のタイマンを汚す気かっ!!
ピコちゃん、ヤンキー漫画みたいなセリフで断ります。

…というのはウソで、ほんとはこんな感じ。b0064907_1201079.gif
私たちは、まわりで観戦です。
b0064907_1202699.jpg

戦いは、長くはつづきませんでした。
親玉とはいえ、真紅の鎧に身を包んだピコちゃんにとっては、
さほどの脅威ではなかったようです。
戦いのあと、「手応えがない」と残念がっていました。

レイガントの上が、オームやハナイエルになってしまうというのは、
少々寂しい気がします。
近日実装予定のボスゾーンは、対象がレベル150~200となっていて、
ハナイエルよりも強そうですしね。
この間を埋めるような、ボスは実装されないのかなぁ。
[PR]
by chiboru | 2005-05-03 11:49 | シィルツ日記