芸の道ははてしなく
kotan.exblog.jp

えっ?あれ、アルスじゃないの?
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
ひとことも話さないパーティ
マンガ喫茶と言えば、最近はどこもインターネットにつながったパソコンを完全配備。
インターネットカフェを兼ね備えていて、オンラインゲームが出来るようになっています。

私が利用している私鉄のとある駅。
その駅前にもマンガ喫茶があるのですが、
こちらには数人でオンラインゲームを遊ぶことを想定した、
パーティルームなるものがあるんですね。

先日、お友達僧侶さんに、このお話をしてみると乗り気の様子。
これまたお友達の魔法士さんを誘って、そのマンガ喫茶に行って来ました。

4台のパソコンが設置されたパーティルームに、3人で入ります。
このお店、シールの公認カフェではないので、まずはシールのインストール。
インストールが終わるまで、それぞれ思い思いのマンガをもってきて時間をつぶすことに。
ちなみに、私はシールの読み切りマンガが載っている雑誌を持ってきました。
うーん、ここまでお色気全開だと、苦手だなぁ…と言いながら、僧侶さんの中の人にパス。
結局、全員で回し読みしました。
買って読む人減らしちゃったかな?

30分ぐらいかかって、やっとダウンロード&インストール終了。
パーティでお出かけです。

ちなみに、今回のパーティ構成は次のとおり。

僧侶さんの中の人 :騎士(50台後半)
魔法士さんの中の人:魔法士(50台前半)
私        :僧侶(50台中盤)

最初は、十字湖のナマズたちを狩っていたのですが、少々ものたりません。
ちょっと上ぐらいのバイルがいる、ヘルカスの森へ移動します。
とりあえず、デュラハン体。 余裕があれば、サキュバス・インキュバスというお話に。

デュラハン体は、ナマズとそれほどレベル差もないので、やはり手応えがありません。
それじゃぁ…ということで、坂を下りてインキュバスへ。
インキュバスってゾーンボスがいたよね?
見分け付く?
と、僧侶の中の人。
レベル差がありすぎて、普通のインキュバスも真っ赤っか。
僧侶の中の人は、バイル名表示で区別が付かないことを気にしていましたが…。
沸く場所はわかるから、そこに近づかなければ大丈夫だよ。
と、安易な私(汗)。
坂下のインキュバスを狩りはじめます。
試しに、一体倒してみると、わりといい感じ。

続けてもう一体に攻撃を…。
にげてにげて!
インキュバスに殴られた騎士さんのダメージが、半分近く減ってます。
どうやら、ゾーンボスだったみたい。
あまりに放置されすぎて、かなり移動していたんですね。 アブナイアブナイ。

もう一方の坂を下りて数体狩ってみます。
どうやら、ここにはボスはいないみたい。
そこで、ゆっくり狩りをしました。
b0064907_3283274.jpg

普段なら、パーティチャットを使って連絡を取り合うのですが、
目の前にいるので、話せば意志が伝わります。
いちいちキーボードで打たなくてもいいというのは、やっぱり楽ですねぇ。
殴りながら、支援しながらでも、お話し放題。
がやがやとおしゃべりしながらの狩りは、なかなか楽しい時間でした。

でも、これってKESPIのひとから見たら、チャットを全然つかってないので、
全く会話を交わさないアヤシイパーティにみえるんだろうなぁ。(笑)
b0064907_3284812.jpg

最後に記念撮影をして、パーティは解散です。

お金がかかるので、頻繁には難しいかも知れませんが、
またやりたいなぁ…なんて思うのでした。

おまけ:
スクリーンショットを何枚か撮ったのですが、保存されているのはマンガ喫茶のパソコン。
このままでは、自宅で見ることが出来ません。
なんとかして持ち帰らないと…ということで、自分のblogに張り付けることに。
ところが、張り付けた日記を非公開に設定するのを忘れていて、10分ほど公開してました(汗)。
ごめんなさい。>僧侶さんの中の人 魔法士の中の人

カウンターが増えていたから、数人の方が見ている様子。
なんだこれ?…と思ったあなた。 こういう事情だったのです。
[PR]
by chiboru | 2005-03-21 01:44 | シィルツ日記