芸の道ははてしなく
kotan.exblog.jp

えっ?あれ、アルスじゃないの?
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ゲームバトン
from festa maniana!
ミュージカルバトン
from festa maniana!
騎士道とは(ry
from 細腕ぴこ屋繁盛記
太田光の一度やっちまいな
from ノ芸ら
ひまわりくんとシャークくん
from festa maniana!
検索
その他のジャンル
ペット
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
あるきはじめる

ほうっと魔法士がためいきひとつ
目のまえの左右に伸びる道を見つめます

まだ、あの人の姿は見えません


傍らの杖をながめながら
あの人に話した、魔法士が歩き始めた理由を思い返します
それはとても小さいけれど
魔法士にとって、とてもだいじなものでした

その言葉を伝えたときの
あの人の言葉が耳の奥で響きます

僕もがんばる
キミもがんばれ

魔法士は空をみあげます

がんばる

あの人は、どこかでがんばってる
それは、この道の遙かうしろかもしれないし
全く別の道かもしれないけれど

がんばれ

わたしは、待ち続けているだけ
あの日、あの人に話したことは嘘ではないけれど
わたしの中で埃にうもれて光を失いかけている

魔法士は傍らの杖をぐっと握りしめます



魔法士が歩いてきたほうから近づいてくるふたつの声
ひとつはとても聞き覚えのある声
それは魔法士よりもずいぶんあとに歩き始めた妹の声

あのこも長いこと一人で歩いていたけど
いっしょに歩いていく人をみつけたのね

聞こえてくる声がここにくるまで、まだまだ時間がかかりそう
けれども、それはそんな遠いことではなさそうです

追い抜かれるのもくやしいわね

そうつぶやきつつ
さほど気にしているようでもありません

傍らの杖を道につき
すっと道のうえに立ち上がり
服をぱんぱんとはたきます

服についた埃をおとすため
自分をしばりつける錆びついた思いをおとすため



うーんと魔法士がのびをひとつ
ゆっくりと道をあるきはじめました
[PR]
by chiboru | 2009-06-01 22:19 | ぼんやり魔法士
ありがとうございました
というわけで、当ブログは本日をもって更新を終了させていただきます。

当ブログの主人公とも言うべき芸人の相方さんが、
現実世界で忙しいということもあり、シィルツにくる時間が減っています。
ソロで活動すればいいのですが、相方さんとのレベル差がついてしまうのも寂しく思います。
そこで、ウチの芸人にはしばらく休んでもらって、
そもそものメインキャラクターである魔法士を活動の中心に据えようと思いたちました。

芸人での活動時間が少なくなるのにあわせて、このブログも終了したいと思うのです。


…などというのは建前で、
実際には、ブログに対する熱意が冷めているというのが、本当のところです。

そもそも、このブログは読者を置き去りにして、好き勝手なことを書いてきました。

以前、親しい友人より「イタイ内容」と評されたこともありました。
(これは純粋に私のことを考えて、友人としての助言だったと思います。)
それでも、思いっきり妄想全開で、好きなことを書き続けてきたのは、
「自分のブログなんだから、好きなこと書けばいい」という思いがあったからです。

けれども、ここ数ヶ月の自分の文章を読み返してみると、
書きたいことを書いているはずなのに、書き始めのころの気力が感じられません。
書き始めの頃は、文章力がないながらもいろいろと工夫をこらして書いていました。
しかし、最近の文章にはそういった気力のようなものが、薄れているのです。

自己満足なブログでありながら、
自分で認められないような文章しか書けなくなってきているのであれば、
それは続ける意味がないのかなぁ…というのが、私の結論です。


日々、こちらを訪れていただいた皆様には、本当にお世話になりました。

自分が書きたいことを書けばいいや、と割り切りつつも、
コメントやトラックバックなどの反応があると、
とてもおおきな励みになりました。


そして、このブログを通じて知り合えた皆様。

このブログは終了しますが、シィルツの住人であることは変わりません。
こたんは芸人くんにワガママを言い続けると思いますし、
魔法士姉さんはシィルツのどこかをふらふらしてると思います。
そんな姿をシィルツで見かけたら、声をかけてやってください。 
中の人はきっと喜びます。

そしてそして、今後ともよろしくお願いします。

最後にもう一度。

この半年間、本当にありがとうございました。


<追記:ミュージカルバトン・ゲームバトンについて>
  こちらの方から頂いたミュージカルバトン・ゲームバトンは、
  過去の方へ移動させていただきました。
  興味のある方(いるかな?(^_^; )は、左にあるメニューで
  「カテゴリー」の「バトン」をクリックしてください。
[PR]
by chiboru | 2009-06-01 22:18 | 中の人の日記