芸の道ははてしなく
kotan.exblog.jp

えっ?あれ、アルスじゃないの?
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ゲームバトン
from festa maniana!
ミュージカルバトン
from festa maniana!
騎士道とは(ry
from 細腕ぴこ屋繁盛記
太田光の一度やっちまいな
from ノ芸ら
ひまわりくんとシャークくん
from festa maniana!
検索
その他のジャンル
ペット
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧
彼女たちのひみつ
こんにちは。 またまた、こたんです。

一つ前の日記で書いた、マリ姉さんとの出会い。
そのときに、ちょっと気付いたことがあるので、そのことを書いてみます。

あれは、芸人くんがふたりのマリ姉さんに逆ナンパされて、
慌てて逃げたら三人目のマリ姉さんにまで声をかけられてしまい、
どうにもならなくなって気絶したときのこと。

わたし一人でマリ姉さんの相手をするのはツライので、
しんだふりをしながら、芸人くんが帰ってくるのを待っていました。

当然、することもないので、マリ姉さんをまじまじと観察します。
色白できれいねぇ…。
私に気付かず、こちらに背を向けるマリ姉さん。

あっ!
[PR]
by chiboru | 2005-05-21 23:50 | こたん日記 | Trackback | Comments(3)
はじめまして
こんにちは。 こたんです。

先日の日記で、「どうしよう…」と嘆いたところ、
こちらの方こちらの方から助言をいただきました。

その助言は
シャークの帽子をプレゼントしてみては?
…というもの。

シャークの帽子は、防御力こそソーラーのデコレーションと同じぐらいなんだけど、
命中(男性が装備するとは片目になるのに、なんで?)や攻撃速度が補強されます。
シャークの帽子の方が性能がいいので、自然とそちらを使うようになるはず
…ということみたい。

さらに、シャークの帽子、ライムの露店市場で探さないと、と思っていたら、
助言も下さったmaileさんが、サメくんからひとつ強奪してきてくださいました。
ありがとうございます~♪ヽ(^0^)ノ

いただいたシャークの帽子。
弟の鑑定の腕がイマイチだったので微妙なオプションになってしまいましたが、
芸人が使うにはあまり困らない内容でした。
ま、わたしが使うわけじゃないから、いっか。

…ということで、芸人くんを呼びだして、再びプレゼント。
えー、これってカッコワルイよ~。
オレは、いらないや。
…と、またもやつれないお返事。
インキュバスの翼のときも、ブキミだからいらないって言ってたよね。
結局、お気に入りで使ってるクセに!

仕方がないので、誠心誠意、心をこめて説得。
バカじゃないの?
これを装備すると…
  (中略)
  …殴り殺されちゃうんだから!!
わたしの気持ちが伝わったみたいで、こころよく受け取ってもらえました。


せっかく、防御力が上がったので、
いままでよりもちょっと上のバイルを狩ってみようか…ということに。
力持ちの木のお化け」ことウッドウッドは、これまでも何度か狩っていました。
もうちょっと上というと、ガリエルかな?

先日、はじめてウッドウッドを狩ったときに、
調子に乗って天使くんにちょっかいを出したんだけど、
こっぴどく怒られた経験(芸人くん気絶!)があるんですね。
今日はリベンジよっ!
…ということで、十字森へコマンドワープです。

ウッドウッドの小道を進むと…いたいた、天使くん。
前回は、あまりの高速攻撃にあわてちゃって、回復するので精一杯だったのよね~。
今回は、「おたおた」を狙って、ちゃんと両側から挟み撃ちにします。
b0064907_1113382.jpg
うーん。 防御力が上がった分、高速攻撃でもなんとか耐えられるみたい。
それより、挟み撃ちにしたときの、「おたおた」ぶりが見事(笑)。
サメくんほどの「おたおた」ぶりを見せてくれるバイルってあまりいなかったんだけど、
彼は頭に血が上りやすいのか、ちょっと攻撃されるとすぐそちらの方に向き直ります。
あんなに高速攻撃なのに、いったりきたりしてるので、
わたしも芸人くんもお互い数発程度しか殴られません。
おたおた」というより「いらいら」といった感じかな。
まぁ、おちつけ(笑)。

さらに調子に乗ったわたしたちは、十字の中心を目指します。
b0064907_14423356.jpg


b0064907_11423025.jpg
そして、とうとうマリ姉さんに、はじめましてのご挨拶。

マリ姉さんは遠くから攻撃してくるので、
わたしたち向きじゃないかもしれません。
それでも、天使くんよりも攻撃がややゆっくりなので、
気分的にはこっちのほうが楽かなぁ。

…なんて、うかれてマリ姉さんとたわむれていたら

 あんたたち、いいかげんにしなさいよっ!

とばかりに逆に挟み撃ちにされちゃった。(T.T)
哀れ、芸人くんはお星様に。
あんた、なに死んでんのよっ!

ごめんごめん。
後ろを見てなかったんだよ。
すぐ戻るから待ってて。
結局、この日はわたしが2回、芸人くんが3回お星様になったのでした。

ダーツも切れたので、マデリンへコマンドワープで戻ります。

私としては、貰える経験値も良いし、マリ姉さんの翼もほしいので、
あそこを新しい狩場にしたいところ。
でも、芸人くん、いっぱい気絶したから、あそこは懲りちゃったかなぁ。
おそるおそる、尋ねてみます。
また、あそこで狩りしたいんだけど、ツライ?
わたしの気持ちを察したのか、にっこり笑って答えます。
囲まれないようにすれば、大丈夫だよ。
今日だって、後半は死ななかったじゃない。
そして嬉しそうに付け加える、芸人くん。
それに、マリ姉さんの声かわいいしね~。
このダラハのネックレスとスフィンクス衣装のセットが、本気で欲しくなりました。
[PR]
by chiboru | 2005-05-20 23:50 | こたん日記 | Trackback | Comments(7)
野望達成!
こちらの記事でも書いてますが、最近は鍛冶士ばかり育てていました。
レベル120までの品を鑑定できるようになるのが目的です。
b0064907_424899.jpg
そしてとうとう、本日、レベル75に到達。
この野望を達成しました♪

すぐさま町に戻って、鑑定スキルのレベルアップです。

b0064907_453080.jpg
ふっふっふ♪
この4という数字がたまりません。
新しい力を得たら、その力を試してみたいというのが人情。
この日のために取っておいた未鑑定アイテムを引っ張り出して鑑定です。

まずは、いただきもののマルクードの杖。
良いオプションがついたら、お礼をさせていただきます」なんて約束をしておりました。

結果は…。
[PR]
by chiboru | 2005-05-19 23:50 | シィルツ日記 | Trackback | Comments(6)
ちからだめし
時間は午前2時。
そろそろ、釣りを仕掛けて寝ようかと、ちょっとだけのつもりでシィルツにお出かけ。

パスワードを入力すると、画面は切り替わってずらっと並ぶサーバーの一覧。
いつも通り、デュランサーバーにつなごうとして、
接続しているユーザー数を示すメーターを眺めます。
その長さは、混み合う夜の11時頃に比べて2/3ぐらい。
時間が時間だけに空いてるのねぇ。
…ということは、アレもできるかな?
アレというのは、こちらの方この日記で書いている、ヤミ様ソロ。
空いている時間だけに、ボスも放置されてるかなぁ。
…なんて淡い期待を抱いてみたり。

以前、スカタン先生のボスクエストをクリアしたときのこと。
ヤミ様クエストのお手伝いを、お友達の僧侶さんとピコさんにお願いしていました。
それでも、パニちゃんがひとりでクリア出来たと聞くと、自分でも挑戦してみたくなります。

あと、このときに押しつぶされちゃった仕返しがしたい…というのもあるかも。
お手伝いをお願いしていた方々、ごめんなさいっ!
…ということで、シィルツの大地におりたつ芸人。
すぐさまザイドに飛ぶと、ガーダーを使ってクレメンツ鉱山を走り抜けます。

鉱山の奥にたどりつくと…。
[PR]
by chiboru | 2005-05-18 23:50 | シィルツ日記 | Trackback | Comments(3)
わたしのジンクス(その2)
…というか、経験則みたいなものでしょうか。
宝石や装備品、レアアイテムのドロップがいいのは、
自分のレベルが、相手バイルのレベルのちょっと下から+10ぐらいの間。
一つ前の日記で、話題に上ったソーラーのデコレーション。
防御力が相当上がるので、ずーっと自力で入手したかったんです。

最初に狩りはじめたのは、ウチの子のなかでは年長の魔法士。
70代になってから、ずーっとひまわり嬢(?)の相手をしてのですが、
狩っても狩ってもドロップしません。


ところが、ライムの露店などを見ると、わりとたくさん売りに出されています。
値段も、2~3Mセゲルと、かなり安め。
…ということは、結構ドロップしやすいんだよね。
などと納得しつつ狩りますが、やっぱり出ません。

ところが、ソーラーの文字が、赤から限りなくグレーに近づいたある日。
念願のソーラーのデコレーションがドロップしました。

その日を境にソーラーのデコレーションは、私にとって、ただの邪魔者となりました。
狩りをするたびにドロップ…というほどではないものの、一週間に一回はドロップするペース。
その頃は、まだオプションが導入されていなかったため、
たくさんあっても無用の長物になってしまったのです(身勝手!)。

最初の1個目までは、あんなに欲しかったんですけどねぇ。
これにあわせて宝石のドロップも格段に良くなりました。

このレベル帯でないと、収集品以外のドロップがない…というわけではありません。
それなりに、装備品などのドロップはあるんですけどね。
このレベル帯になったとたん、急にドロップ率が良くなるように思います。


最近では、宝石が欲しいときなど、この経験則を意識して狩りをするようにしています。
まぁ、相手はバイルですからね。
こちらの希望が通じるとは限りません。
意に反して装備品やお手紙に埋もれることも、結構あったり…(汗)。

同じようなことを感じてらっしゃる方います?
私だけなのかなぁ…。
[PR]
by chiboru | 2005-05-17 23:50 | シィルツ日記 | Trackback | Comments(0)
つたえられない想い
今ほどレベルが高くない頃のこと。
グラシス平原のソーラーばかり狩っている時期がありました。

そのころのわたしの強さにピッタリというのもあったんだけど、
狙いは、彼女たち(?)の落とす「ソーラーのデコレーション」。
ちょっと重いので、装備すると動きにくくなるんですけどね。
そんなのがどうでも良くなるくらい、防御力が上がるアクセサリーだったんです。

身に付けられるようになるまでは、まだ時間はあったんですが、
できればそれまでに、ふたつ手に入れておきたかったんですよ。
そうすれば、そのときが来たときに、おそろいで狩りができるじゃないですか♪

…ということで、来る日も来る日も巨大なひまわりさんを狩りつづけました。
60代の後半から狩り始めたんだけど、80代になっても手に入りません。
結局、魔法士をやっている姉がひろったものをもらって、
芸人くんとわたしの分を揃えることが出来ました。


さっそく芸人くんのところに持っていくと…
えー、これってカッコワルイよ~。
オレは、いらないや。
…とつれないお返事。
それでも長年の夢を果たすために、一生懸命、心をこめて説得しました。
バカじゃないの?
これを装備すると、防御力がすっごくあがるのよ!
わたしたちみたいな防御力が低い職業は、これで補強するの。
狩場へ行ったらまわりを見てみなさいよ。
魔法士さんとか、みんなこれを装備してるから。

そんなふうに格好ばっかり気にしてると、
力持ちの木のお化けに殴り殺されちゃうんだから!!



お…落ち着いてよ。
うーん、見た目が悪くても、死んじゃうよりはマシかぁ。
どうやら、わたしの誠心誠意の説得が通じたみたい。
芸人くんもソーラーのデコレーションをこころよく受け取ってくれました。


その後、わたしたちを取り巻く世界は、姿をそのままに性格を大きく変えました。
世に言う、「リロード」の到来です。

この日を境に、ソーラーのデコレーションはその力が弱められ、
世間で使われることはほとんどなくなりました。

…なのですが、芸人くんはいまひとつ、世情に疎いみたい。
相変わらず、狩りのたびにソーラーのデコレーションを装備して戦ってるんです。

b0064907_0213642.jpg
  慣れると、これも悪くないね。
  ダメージが減るから、狩りも楽だし。

  なにより、君がくれたものだから、
  大事にするよ。
…と、カッコワルイと渋っていたのがウソみたい。
どこか嬉しそうな感じさえしてきます。
うーん。 あれって、今じゃぁ時代遅れなんだけどなぁ。
あの晴々とした顔をみてると、そんなこといえないよ~。
アレを押し付けるときに、えらそうなこと言っちゃったしなぁ…。


どうしよう…。(T.T)

[PR]
by chiboru | 2005-05-16 23:50 | こたん日記 | Trackback | Comments(9)
新ユニット誕生
最近、鍛冶士を集中育成中です。
目指すはレベル75。
レベル120までの品を鑑定できるようになるのが目的だったりします。

この日も、十字湖のナマズの里でソロ狩りをしていると、
お友達の僧侶さんからささやきが入ります。
私 : 鍛冶士育成中なんだ~。
…というお話をすると…
僧侶さん : 一緒に狩る?
…という嬉しいお誘い。
当然、「うん!」と即答です。

ウチの鍛冶士くんのお相手は、一番レベルの近い魔法士くんに決定。
この僧侶さんのキャラクターとは、いろんなパターンで組んできましたが、
この組み合わせは始めてです。
b0064907_1381339.jpg
この魔法士さん。火系魔法が得意な様子。
火属性が有効な金属製のバイルは…と探すと、少々上のバイルに戦士キンバラがいます。
囲まれなければなんとかなるかなぁ、ということで封印された島に向かいます。

装備を調えて、戦闘開始。
格上バイルということで、同じターゲットを殴ろうとする鍛冶士くん。
けれど属性が有利に働く魔法攻撃は、2発でキンバラを屠ります。
鍛冶士くん : 殴る暇がないんですけど…(汗)。
…ということで、お互い離れないようにして、別々のターゲットを狩ることにしました。

基本的に個別狩り、お互いが囲まれそうになったらお互いをサポートする作戦です。
…が、魔法士くんは囲まれても、待ち時間の少ないメガファイアボール2発で倒せます。
一方、どんなに頑張っても、一体倒すのに一撃必殺が4発必要な鍛冶士くん。
一方的に助けられておりました。
b0064907_2132212.jpg
1時間ほど狩りをして、経験値を確認します。
なんと、一人で狩るときの2倍の速度で経験値が増えてました。

狩りの成果としては、武器が3点とピンクダイヤモンド。
かなり助けられたので、全部、魔法士くんの取り分でいいと思ったんですけどね。
ちゃんと公平に分けようよ。
…と、主張する魔法士くん。
お言葉に甘えて、サイコロをふることにします。

結果は…。
魔法士くん : 6
鍛冶士くん : 4
ピンクダイヤモンドは魔法士くんのものに。
ハズレてほっとする、不思議な一瞬でした(笑)。
[PR]
by chiboru | 2005-05-15 23:50 | シィルツ日記 | Trackback | Comments(0)
婚礼衣装
この週末に届いたメールニュースによれば、カップルの記念アイテムが増えるみたいです。
メールニュースを受信している方は、既にご覧になっていると思いますが、こんな感じ。

b0064907_0223295.jpg
後ろ姿ですけれども、
それなりに雰囲気は伝わるでしょうか。

これって、昨年末に発売された
シールオンライン公式ファンブック」に
デザイン画が掲載されてたんですよね。

初めて見たときから、
これ欲しいなぁ…と思っておりました。
その後、とあるサイト(どこだっけ?)で、実際にこれを装備した
キャラクターのスクリーンショットを見る機会があったのですが…。

ファンブックのデザイン画と、実際にゲーム内で装備した姿との差に愕然。
女装の綿帽子が、まるで白頭巾みたい。
これじゃぁ、婚礼衣装と言うより、ゆきんこだよ~(涙)。
ゆきんこなら、ゆきんこでいいんですけどね。
それはそれで、かわいいと思いますし…。
でも、どうせなら、ちゃんと婚礼衣装にしてほしかったなぁ。

いろいろな制限の中で形を作り上げるのは、大変なのかもしれません。
あの形状に仕上げるのが、精一杯なのかも。

…ということで、男装に期待!
ウチの鍛冶士くんに、チョンマゲつけるんだ♪
まだまだ少ない、まともな男性キャラ向け趣味装備。
さらに、充実といった感じです。

とかなんとかいいながら、ウチのこのなかで最長カップル日数が1500日。
まだ、ペアルックさえもらっていません。
かなり先の景品にケチを付ける前に、カップル日数伸ばしておかないと…(汗)。

[PR]
by chiboru | 2005-05-14 23:50 | シィルツ日記 | Trackback | Comments(4)
まちぼうけ
ほうっと魔法士がためいきひとつ。
自分が歩いてきた方を眺めます。

もう、すいぶん長いこと待っているような気がします。
けれども、魔法士が待っている人は姿をあらわす様子はありません。

それは、当然といえば当然のこと。
だって、その人と待ち合わせの約束をしたわけではないのですから。

More
[PR]
by chiboru | 2005-05-09 23:50 | ぼんやり魔法士
場違い?
かなり旬を過ぎたお話なので、こっそり追加。

ゴールデンウイーク中に開催された、
ゴールデンウィークGMイベントラッシュスペシャル」(ながっ!)。
このイベントの一つとして、5月7日に「場違いバイル大量発生イベント」が開催されました。

通常は発生しないようなバイルが、いろんな狩場に発生するというもの。
今年の2月から行われるようになった、バイル大量発生イベントです。

バイル発生イベントは、数あるイベントの中でかなりの人気を誇るようで、
毎回、多くのプレイヤーが参加しています。
それに応えるようにGMさんの方も、毎回、いろいろと趣向を凝らしているみたい。

今回の趣向はというと…。(注意:画像かなり多目です)
[PR]
by chiboru | 2005-05-07 23:50 | シィルツ日記 | Trackback | Comments(0)