芸の道ははてしなく
kotan.exblog.jp

えっ?あれ、アルスじゃないの?
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ゲームバトン
from festa maniana!
ミュージカルバトン
from festa maniana!
騎士道とは(ry
from 細腕ぴこ屋繁盛記
太田光の一度やっちまいな
from ノ芸ら
ひまわりくんとシャークくん
from festa maniana!
検索
その他のジャンル
ペット
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧
かぜひきさん
風邪をひいてしまいました。

先週の日曜日からだから、そろそろ一週間。
微熱と咳がとまりませぬ。

一応、お医者さんでもらった解熱剤とか飲んでみたのですが、
いっこうに熱が下がる様子がありません。
ふと、思いたっていつもつかってる解熱剤を飲んだところ、
平熱まで下がってきました。 もらった薬は、体に合わなかったのかなぁ。

今回かかったお医者さん、かかりつけのお医者さんがお休みだったので、
初めてお世話になります。
初めてだからいろいろ聞かれるかなぁ、とか思っていたら…
どうしました?
ああ、風邪。
喉みせて。
ああ、赤いねぇ。
点滴うっとく? いらない?
点滴打たないなら、いっぱい水分採ってね。
あと、血液検査しておこうか。
…と1分もしないウチに、血液検査のために処置室へ。
そして、受付にてお支払い。
風邪のあつかいなんて、こんなもんなのかなぁ。
いつものお医者さんなら、もっといろいろ聞かれるんだけど。

このお医者さん。
新しくできたので、かかりつけのお医者さんより近いんです。
つらいときは、こっちのほうがいいかなぁ…とか思っていたんですが、
もう行くことはないような予感がひしひしと…(汗)。

さてさて、そんな感じでこの一週間をすごしてきたので、
シィルツにお出かけはするものの(こらっ)、blogの更新はさぼっておりました。
更新されないにも関わらず、日々、訪問してくださる方々もいらっしゃる様子。
ごめんなさいでした。

またまた、ちょっとずつ更新していきますので、よろしくお付き合い下さいまし。
[PR]
by chiboru | 2005-04-30 22:18 | 中の人の日記 | Trackback | Comments(8)
お花畑
ブログのデザインを変更してみました。

実は、次の季節のデザインが登場するまで、あのまま桜で行こうかなぁ
…なんて考えていたんですけどねぇ。
周囲を見渡すと、桜のデザインを使っていたブログが、
関東での桜のシーズンが終わりを告げるとともに、別のデザインに変更している様子。
う…このままじゃ、ウチだけ季節はずれだぁ。
ということで、急遽、デザインの変更にチャレンジ。
芸人くんのこたんに対するイメージにあわせて、今回はお花畑にしてみました。

うーん、目がチカチカするかも(汗)。
こういうのって、やっぱり主のセンスに左右されますねぇ。

だからといって、今更、桜のデザインに戻す気があるわけでもなし。
このまま突っ走らせていただきます。
皆様も、どうか、目薬片手にお付き合い下さいまし。

次の季節にあわせたデザインが登場するまで、ご辛抱下さい。

ちなみに、この記事が書かれたときはこんなデザインでした。
b0064907_22405259.jpg

[PR]
by chiboru | 2005-04-23 18:02 | 中の人の日記 | Trackback | Comments(11)
珍味の効果
先日ゲットした珍味の数々。
これらのおかげで、楽につぼみを+9の100%越えまで持っていくことができました。

ここで必要になるのが、ペットの進化材料。
集めるときは、進化に失敗することを考えて、少し多目に集めます。
ところが、いったん進化させてしまえば、この材料はしばらく使うことはありません。
とっておけば、また使うのでしょうが、それほど銀行に余裕がなかったり。
結局、露店のおねーさんに売りつけてしまいます。
進化のたんびに、材料を集めるのも面倒だなぁ。
なるべく楽をしたいという、気持ちがムクムクとわいてきます。
いくつか進化直前まで育てておいて、
まとめて進化させれば餌を集める手間が省けるじゃない!
…なんて事を考えて、いくつかまとめて進化させることに。
こたん : たくさん育てる人は、普通にやってるんじゃない?
       いまさら、「いいこと思いついちゃった」みたいな言われかたしてもねぇ。
私    : このくらい、いいじゃないよ~。(T.T)


さてさて、気をとりなおして、お話を進めます(汗)。

実は、先日育てていたのは、ふたつめのつぼみ。
ここでふたつまとめて、進化に挑戦です。
もっと、たくさんつぼみを用意してからの方が、効率的なんじゃない?
なんてツッコミは聞こえません(笑)。
根がせっかちだから、二つ育てたところで進化させたくなっちゃったんですね。

進化材料を集めて、レア進化しやすいと噂のマデリンで進化に挑戦です。
ひとつぐらいは、レア進化のバラになってくれるかな~。


その結果は…
[PR]
by chiboru | 2005-04-20 21:39 | シィルツ日記 | Trackback | Comments(2)
よみがえる島の大地
4/7のリロードパート3アップデートで、
封印された島が新たにシィルツに加わりました。
新しいマップほど、美しくなっていく背景。
封印された島も、綺麗なんだろうなぁ…と期待していたんですけどね。

ところが、いざ足を踏み入れてみて、がっかり。
地面の色がはっきりと切り替わる場所が、島のあちこちにあります。
緑の大地が、一本の線を境に荒れ地に切り替わるといった感じ。
まるで、地面をつぎはぎしたみたいです。
b0064907_20372126.jpg
島を跋扈するバイル自体が流用みたいなもんだから、
マップの部品もそうなるのは仕方ないのかなぁ。
でも、いろんなところから持ってきたとはいえ、このつなぎ方はないよねぇ。
なんか、セットの裏側を見せられた感じがして、げんなりです。
そういえばこの島には、シィルツ唯一の砂浜があるって言ってたっけ。
どんな感じなんだろう…とわくわくしながら、マップ上の砂浜らしきところに向かいます。
すると目の前に広がるのは、単なる緑地。
十字湖などで見られる、水辺まで草が生えてる景色です。
砂浜というのも設定だけで、実際にあるわけじゃないのかぁ。
…とふたたびがっかり。
完全に新しいマップじゃないのに、美しさを求めるのはムリがあるのかな。
などと、自分を納得させます。

後日、地面の表示に不具合があることが公式サイトで公開されました。
そのときは、おなじく4/7に見た、緑が戻ったレッドソイルの方に意識が行っていて、
「やっぱりねぇ」ぐらいにしか思ってませんでした。

この不具合がなおったのは、アップデートの次のメンテナンス。
新マップは、不具合がある状態で見ていたので、
不具合がなおるともっと綺麗になってるかも。
…ということで、新マップを見て回ります。

まずは、不具合があっても綺麗だったセビス村。
いろいろとうろつきますが、とくに変わったところはないみたい。(気付かないだけ?)

続いて、封印された島。
海辺はどうなってるかなぁ…とあの緑だった海岸に向かいます。
近づくにつれて、椰子の木が見えてくるのですが、根もとあたりは砂地!

そして、椰子の林を抜けると…
[PR]
by chiboru | 2005-04-19 01:31 | シィルツ日記 | Trackback | Comments(6)
最高の珍味を求めて
先日開催された、ペットキャンペーン。
いつも使い慣れたペットからはなれ、種から育ててみて、改めてペットの大事さを感じました。
あと、レアペット運の無さも…(涙)。

キャンペーンのときは、通常進化でムム大魔王さまに育ってしまったのですが、
今度こそ!…とばかりに、キャンペーンが終わっても種に再挑戦していたりします。
この種。 順調に育って、現在3次のつぼみです。
ここまでは、価格が1000セゲル前後の餌で育てても、そこそこ育ってくれたんですけどね。
そろそろ、成長が鈍るころ。

すこし贅沢な餌で、楽をしようかなぁ。
…ということで、墓地入口にたむろしている狼さんと、魔法士で戯れておりました。
狼さんの落とす、「闇の鎖」がお目当てです。

b0064907_131177.jpg
狩っていると、見慣れたお二人が…。
お友達の僧侶さんと、
こちらのPikoさんです。
餌を集めてるんですよ~
という話をすると
レッドソイルも高い餌が落ちるよ
一緒に行かない?
というお言葉。
甘いお誘いに、二つ返事で応じます。

ウチの魔法士。
当然、まだまだレッドソイルで狩りが出来るようなレベルではありません。
それでも、バイルからの攻撃を引き受けてくれる騎士さんと、
手厚い援護で護ってくれる僧侶さんのお陰で、かなり楽に戦えます。
バイルからのダメージさえなんとかなれば、一撃のダメージが最強の魔法士。
お二人に比べれば、まだまだレベルが低いものの、少しは戦力にはなれたかな。
…なんて、ちょっとだけ天狗になってみたり(笑)。
b0064907_1501857.jpg


そうそう、レッドソイルの西部には奇妙な遺跡がありました。
角を持った頭部の形をした石像が並ぶ遺跡。
レッドソイルは、かつてバリエ教団と騎士団の激しい闘いによって、
草木が生えない死の土地となったとのこと。
この禍々しさから想像するに、ここがバリエ教団の本拠地だったのかな?

b0064907_282945.jpg
門と思われるところから中庭に続く通路の両側に、
不気味な頭部のみの石像が並びます。

そこを通り過ぎていると…
あ、親子の像がある
と、僧侶さん。
Pikoさんも、私も見逃していました。
さっそく、引き返して確認します。

言われてみると、確かに親子みたい。
ただ、パパの後頭部が異様に長いですが…。
ルチ将軍

終わってみると、わりと長い時間狩りをしていたのですが、
そんなことも忘れるくらい楽しい冒険でした。

ウチの魔法士は、この半年ぐらい放置気味だったんですけどねぇ。
こういうお誘いがあったときに、少しでも戦力になれたらいいなぁ。
そのためには、もうちょっと育てておかなきゃ…なんて思う今日この頃。
[PR]
by chiboru | 2005-04-18 01:30 | シィルツ日記 | Trackback | Comments(5)
かくれんぼ
いつものように、某コミュニティチャットにキャラクターを置いて、シィルツを徘徊しておりました。
すると、おなじお部屋にいたPikoさんが、「突発イベントやりたくなった」と発言。
ん? どういう意味だろう?
よくわからないので、そのまま、次の言葉をまちます。
ミミル川上流に隠れるから、見つけて。
15分以内にみつけたら、賞品出すよ~。
…とのこと。
賞品が出るなら
なんか面白そうなので、挑戦してみよう♪
その場にいた、騎士さんと魔法士さんも参加を表明。
三人で、一人のオニを探すことになりました。

このお話を聞いたときには、魔法士でアリーナをぶらぶらしてたんですけどね。
魔法士は、ペットのつぼみを育成中で、ガーダーが使えない状態。
早く見つけるためには、ガーダーはかかせません。
そこで、5次ペットを装備している、芸人にキャラクターを変更しました。

なんか面白そうだから」とか言ってたわりに、かなり本気です。

キャラクターを変更してミミル川上流に来てみると、
コミュニティチャットでこんな声が聞こえます。
ここなら、見つからないかも。
むむむ…あっちも本気です。
見つけにくいって事は、隠れ里か、中に入れちゃう岩かなぁ。
中に入れちゃう岩は知らないから、まずは、隠れ里からあたってみようか。
…なんて、考えながら隠れ里を探していると…。
勘のいい魔法士が近づいてきた。
というオニさんの声が。
第一発見者は、魔法士さんにとられてしまいました。

b0064907_2231835.jpg
賞品が貰えればいいんだ…とか、
こころのなかで言い訳しながら爆走。

2箇所目の隠れ里で、
木の裏でひょこひょこしている右手を発見!

近づいていくと、オニさんがいました。
かたわらには、第一発見者の魔法士さん。


b0064907_2265025.jpg
ちなみに、場所はここ。
アフロが、いっぱい跳ねてます(笑)。

騎士さんは、
すこし手間取ったみたいですが、
程なく、この場所を発見。

こうして、かくれんぼは終了。

終わってみると、
かなり楽しいイベントでした♪

そのまま、マデリンで表彰式です。
頂いた賞品は、この3品。

b0064907_22114541.gif
突発イベントにしては、かなり良いものを頂いてしまったような…。

賞品はなくてもいいから、また、こういうのやりたいなぁ…なんて思います。
狩りをしながら、隠れられる場所のレパートリーを増やしておこうかな(笑)。
[PR]
by chiboru | 2005-04-12 21:46 | シィルツ日記 | Trackback | Comments(4)
さくら
b0064907_20291068.jpg
一家総出で、お花見に行って来ました。
場所は、近所の公園です。

この公園、かなりおおきな公園で、中にはキャンプ場や小さな動物園があります。
中にある小さな山ひとつがまるまる桜の木でおおわれていて、
この時期になると、近隣から集まった人で混み合うんですね。

人混みを嫌った兄の提案で、朝のウチから出かけることになりました。
人が居ないウチに陣取って、桜を見ながら朝食、混んでくるお昼には撤退するという作戦です。

…が、同じ事を考えた人はたくさんいたようで、公園の駐車場に着くと、
既に駐車待ちの列が出来ています。
仕方なく、少し離れた場所の有料駐車場に止めて、公園まで歩くことに。

公園内を歩いていくと、やがて目の前には桜色の山が…。
ちょっと、散りはじめなのかな?
風が吹くと、桜の花びらが大量に舞います。

b0064907_20271392.jpg
適当な場所を見つけて、ちょっと遅い朝食。
花びらが、お弁当箱の中にどんどん入ってきますが、
気にしません(笑)。

父上は、そんな花びらを
わざわざお酒の小瓶に入れて、花見酒。


毎年、この時期に桜を見るにつけ、思うこと。
やっぱり、桜には不思議な何かを感じてしまいます。
ほんのり紅色の小片に包まれた木が、圧倒的な迫力でたっていたり、
ひらひらと舞う花びらに、どきどきしてみたり。
気がつくと、こころがマッサージされたみたいに揉みほぐされて、
気持ちが軽くなってるんですよね。

こころの凝りがとれて、のびのび~な一日でした。
[PR]
by chiboru | 2005-04-11 12:46 | 中の人の日記 | Trackback | Comments(3)
セビス村へようこそ
b0064907_18352072.jpg
一つ下の日記、芸人くんとの封印された島紀行は、4月7日リロード3実装当日のものです。
しかしこの日、もう一つの冒険が行われました。

発端は、コミュニティルームの誰かが発した「セビス観光しようか」という一言。
この言葉に反応した私が、「いこういこう!」と続きます。
そのとき、お部屋にいた方々で、レッドソイルを越えてセビスへ向かうことに。

実は、この強行軍の前にも、レッドソイル越えに挑戦したんですけどねぇ。
そこは皮の薄い芸人のこと。
視界の外からやってきたカメ戦車に、あっさり追い返されました。

レッドソイル越え。
緑が戻ったというか戻りすぎた砂漠に、落胆しつつも、
Pikoさんところのポロちゃんによる手厚い支援と、高レベルな仲間に護られて、
あっさりセビスに到着。

やはり、新しく追加されたマップは、とてもきれいなところでした。
ただ、あちこちにからくりを仕込みすぎて、かなり「重い」マップになってしまいましたが…。

b0064907_1981234.jpg
もう一つ残念なのが、
未実装な場所が2箇所ほどあること。

赤十字の本部と、セビス村の重要地点
ともいえるセビスタワーです。

赤十字本部は、そこに至る道に
立入禁止の立て札が出ているので
近寄れないのですが、
幸い、セビスタワーは外観だけは
見ることができるみたい。
せっかくなので、本日、二度目というポロちゃんに連れられて、セビスタワーへ向かいます。

…が、やっぱり、入ることは出来ません。
あまりに悔しかったのか、こんなことを言い出すポロちゃん。

b0064907_19143868.gif

調子にのって、私もこんなことを…。
b0064907_19154727.jpg

なんとも柄の悪い二人でした。

その後、ここまで来たのだから…ということで、
ポイブス山観光をすることになるのですが、それはまた別の物語。

[PR]
by chiboru | 2005-04-10 18:36 | シィルツ日記 | Trackback | Comments(3)
封印された島の芸人コンビ
ご無沙汰してます。 こたんです。
先日、世界の果てで新しいワープが見つかったそうです。

なんでも、これまでは神様が封印していたんだけど、
長い間にその封印が弱くなったんだって。
気合が足りないのね、きっと。

このワープの先には、バイルの神様が自分たちの眷属を集めた島があるんだそうです。

ワープを見つけたのは、セルビスという司祭様。
私が生まれる前から、ここで人が消えてしまう現象を調査されてました。
ずいぶん、調査に手間取ったんですねぇ。
中の人によれば、ぐりごんという神様のせいだとか。
なんだか、よくわかりませんが…。

ワープを見つけた司祭様に、調査をお願いされたので、芸人くんを誘って出発♪
芸人くんとのお出かけは、なんか、とっても久々です。
b0064907_1146661.jpg
さてさて、島に渡ってみたのですが、長い間、放置されすぎたせいか、
どのバイルも平和ボケしているみたい。
手強い相手はいないみたいです。

調子づいた私たちは、島の西にある洞くつを探検することに。

バイルの神様があわてて詰め込んだだけあって、バイルはみっちり詰まってるんですけどねぇ。
どのバイルも、ちょっと物足りない感じ。

ずんずん奥に行くと、芸人の二人組にあいました。
私たちよりも、かなり強そうな芸人さん。
お一方は、この島にいるバイルの名前を予言された、有名な方のようです。
ぱっと見、ほんわかしてるのにねぇ。
…なんて言っていたら
人を見かけで判断するんじゃないよ
って芸人くんに怒られました。(・_・、)

お二人に道を教えてもらって、更に奥へ。
すると、こんなところへ…。
b0064907_1234337.jpg
やっぱりというか、当然というか、芸人くんの反応はこんな感じ。b0064907_1261137.gif
仕方なく、今きた道を引き返します。

b0064907_1211084.jpg
結局、あとはずっと壊れた機械をいじめてました。

スクラップンという名前のこのバイル。
一生懸命、レールを敷こうと努力してるんですが、
いっこうにレールは延びません。
このあたりが、スクラップって言われちゃう
所以なのかなぁ。

中には、「え~?」とか思ってしまうのもいますが、
笑っちゃうような名前のバイルもいたりして、
なかなか楽しい島でした。

…って、これじゃぁ、
テーマパークに遊びに来たみたい。
調査が目的なのにねぇ。(^_^;

こういうのんびりした雰囲気は好きなので、
また、芸人くんときたいなぁ。
…なんて、楽しそうだったこたんですが、
帰ってくると、またまたご機嫌ななめの様子。

芸人くんに、なにか言われたみたいです。
ケンカが絶えないねぇ…。

[PR]
by chiboru | 2005-04-09 11:47 | こたん日記 | Trackback | Comments(6)
せまい世の中
…といっても、シールの狩場が狭いというお話ではありません。
などと前置きをして、今日のことを綴りましょう。

以前はサメ湿原といえば、比較的空いている狩場だったように思います。
狩場でごっつんこを避けたい私としては、なかなかお気に入りの狩場でした。
けれど、最近は適正の方が増えたのか、以前のようにのびのびとはいかないことも。

あちこち狩場をふらふらして、次に見つけたのがソーラーヶ原の水辺にたむろするサメくんたち。
ソーラーを狩りたい人にとってサメくんは邪魔でしかないし、
サメを狩りたい人はサメ湿原へ向かうようで、この一帯は空いていることが多いみたい。
…というわけで、ここが最近のお気に入り狩場だったりします。

今日も、いつもの場所で…と、お気に入りの場所に近づくと、
「どどーん!」という音が聞こえてきます。
先客だぁ…残念…。
と、その場を離れようとすると
そろそろ、狩場をかえるのでどうぞ
というささやきが。
なんと、先客さんはこちらの騎士さんでした。

お言葉に甘えて、狩場をゆずり受けます。
b0064907_2334556.jpg
しばらく狩りつづけると、お隣の原っぱで僧侶さんが狩りをしているのに気付きました。
お名前を見てみると、こちらの方の僧侶、最近レベルが赤丸急上昇中のポロちゃんでした。
後ろから近づいていって、いきなりダーツを投げつけます催速♪
お返しに、森羅万象!ディバインフォースをもらっちゃいました。

このディバインフォース。
かなりレベルを上げていらっしゃるようで、なかなか効果が切れません。
こたんは、お姉さん魔法士用の大魔法士ピヨを育成中なので、
いつものバルキリーに比べて攻撃力が弱い状態。
痒いところに手がとどく(?)とっても嬉しい援助でした。

b0064907_234162.jpg
そのうち、ダーツが終了に近づきます。
そろそろ帰ろうかなぁ…なんて思っていると、
こちらの方がさっそうと登場。
お互いに催速をかけあって、ご挨拶♪

記念撮影させていただいて、
その場を後にしたのでした。

狩場でごっつんこを避けたはずなのに、なぜかお友達とごっつんこの日でした。
[PR]
by chiboru | 2005-04-06 22:30 | 中の人の日記 | Trackback | Comments(7)