芸の道ははてしなく
kotan.exblog.jp

えっ?あれ、アルスじゃないの?
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ:こたん日記( 32 )
リベンジ
こんにちは。
こたんです。

先日の日記でも書きましたが、リハビリを兼ねて、
ここしばらくはホワイトゾーンで狩りをしていました。

でも、レベルも110を越えて、
格上バイルがニコちゃん大王だけになってしまうと、
なんか物足りないなぁ…という感じがします。

こう…狩っている!…という、手応え?
そんな感じが、いまひとつ。

それに、ここは今ひとつドロップ品に魅力がありません。
今、気になっているのは、ニコちゃん大王のアビウスダガーかな?
それにしたところで、なかなかドロップする気配もないしね。
いや、バイル系のレアは、根気よく狩らないと無理なんじゃない?
うるさいなぁ。

でも、どうせなら同じレアでも、魅力的な品を落としてくれそうな相手がいいと思わない?
ほら、ニコちゃん大王は、アビウスダガーしかいいものないけど、
マリ姉さんなら、露店では安くなったとは言ってもまだまだ魅力的な翼とか、
鍛冶士さんに人気のG書とか、一儲けできそうじゃない♪
いや、それにしたところで、レアってことでは一緒だよ。

それに、復帰早々、痛い目みたじゃないか。
いつまでも、あの頃のままじゃないわ。
あの頃に比べたらレベルも上がったから、今度は大丈夫。

ということで、ふたたび十字森へ…
[PR]
by chiboru | 2008-06-06 23:08 | こたん日記 | Trackback | Comments(0)
芸人くんの好きな人
こんにちは。
こたんです。

街の噂によると、今はバイルがアイテムを落とす確率が上がっているんだって。
だから、普段ならめったに手に入らないレア品も、手に入れやすいとか。

そんな話を聞いて、落ち着いてはいられません。
今週は、妹の鍛冶士育成強化週間だったのですが、
急遽、わたしの狩り強化週間になりました。
あんなこともあったから、レベルアップもしたいしね♪

目指すは、レインボーゾーンのホワイトスピリットゾーン。
あそこのミルキーが落とすという「アビウスダガー」がお目当てです。

狩りをはじめてみると…
[PR]
by chiboru | 2008-05-14 23:36 | こたん日記 | Trackback | Comments(0)
こたん南へ
姉さん、姉さん!
ペットのバルキリー貸して!


いいけど…。
狩が終わったら、すぐに返してよ。
魔法士姉さんは、
頭の上をまわっていたバルキリーをそっと抱きとめると、
こたんに渡します。

とたんに不安げな表情になるバルキリー。
ありがと。
あ、そうそう、ガーダーの指輪も返してよ。


あのね。
これ、買ったのはあんたかもしれないけど、
私の貯めたお金を勝手に取り崩して買ったんでしょ。

これは私のです!


いいじゃん!
どうせ姉さんだって使ってるんだし。
便利でしょ?
あってよかったって思うでしょ?


あんたは贅沢しすぎなのよ。
私はこんなのもったいなくて使えないわ。


うそぉ。
ちょっと貸して!
…と言って、こたんは魔法士姉さんの手から指輪をうばいます。
げ、残り度数が500ちょっとしかない!

誰が、贅沢しすぎだって?
ニヤニヤしながら、切り返すこたん。
ことばに詰まる魔法士姉さん。
じゃぁ、借りてくね。
ありがと姉さん♪
「だって、レインボーゾーンって遠いんだもの」とか、
つぶやくように言い訳を続ける魔法士姉さんを放っておいて、
こたんは家を飛び出していきました。

ほら、魔法士って足が遅いし…
[PR]
by chiboru | 2008-05-13 23:41 | こたん日記 | Trackback | Comments(0)
衝動買い
こんにちは。
こたんです。

最近、ライムの露店市を見て回るのが日課になっています。
なにせ、ここ数年、ひきこもり生活をしていたので、
シィルツの流行に疎くなっているのをひしひしと感じます。
女の子として、さすがにそれはマズイいかなぁ…と。

まぁ、見るだけならタダだしねっ♪
…ということで、今日もウインドウショッピングへお出かけしてきました。
戦隊マリエルの翼かぁ。
かわいいけど、ピンクはちょっと好みじゃないのよねぇ。

あっ、スクリームネックレス!
欲しいけど、さすがにこの値段じゃ手が出ないよ~。
…と、とある露店の前で足が止まります。
七色ペロキャン!
こんなのがあるんだ!

う…高いけど、これなら買えないこともないわね。
姉さんが朱雀を買うってお金貯めてるから、あそこから借りれば…。

(中の人:そういって、あんたお金かえしたことないでしょ!)
すかさず、銀行へ向かうわたしの足。
銀行のパスワードを入力するのも、もどかしく感じられます。
ああ…こうしている間に売れちゃったらどうしよう…。

はやくはやく!
にっこりと預金を差し出す眼鏡のお兄さんから、
お金を奪うように受け取ると、急いでさっきの露店へ向かいます。
ああ、よかった!
まだ残ってる。

はいはいはいはい、お買いあげ~♪
いったん、家にもちかえるのももどかしく感じられます。
さっそく、装備!

…この先は画像があるので、Moreで…
[PR]
by chiboru | 2008-05-10 23:33 | こたん日記 | Trackback | Comments(0)
消える装備
こんにちは。
こたんです。

先日、長い間シィルツに来てない人向けに、
「来たら、なんこか装備をあげるよ」みたいなキャンペーンがありました。
要は、ゴロゴロだらけてないで働けってことです。
たぶん。
(中の人注:こたんが言ってるのはこのイベントの事だと思われます。)

わたしは、狩りこそしてないものの、
ちょくちょくシィルツに来てはいたので、もらえませんでした。
姉さんなんかは、ずっと来ないでダラダラしてたから、もらえたんじゃないかな。
(しつこく注:これはアカウント毎の話なので、一人でもシィルツに来てたらダメです。
 …念のため。)


同じく芸人くんも、しばらくシィルツに来てなかったので、もらえたはず。
あのひとは世情に疎いから、このことも知らないんじゃないかな。
もし、ゲットしてたら、どんな感じか見てみたいなぁ。

…ということで、訊いてみると…
[PR]
by chiboru | 2008-04-26 23:54 | こたん日記 | Trackback | Comments(0)
ぽふぽふぽひゅーん
こんにちは。
こたんです。

今日もいつものように芸人くんと狩りに出かけたのですが、
ちょっと、びっくりすることがありました。

狩場へ到着。
さて、戦闘開始…ということで、
バイルを挟み撃ちにするため、私はバイルの向こう側。
芸人くんはバイルの手前で陣形が整うのを待ちます。
ふたりの距離がちょうど良くなったところで、
狩り開始!
…というところで、事件は起きました。

私がダーツを投げ始めると、どこからともなく花火が上がる音。
だれ? だれ?
…と思ってダーツを投げながらまわりを見回したんだけど、
他には誰もいません。

今日の相手は、そんなに強くないので、
きょろきょろしているうちにお星様になっちゃいました。

なんなんだろ…と思いつつ、次のバイルへ。

また、ふたりで距離をとって攻撃開始!
そこへまたまた花火がぽふぽふぽひゅーん。

ふと気がつくと、芸人君。
ダーツを投げずに、一生懸命花火を打ち上げてます。
なんで、花火を上げてるの?

ん?
いやぁ、ダーツより花火が安かったから、
ダーツの代わりにと思ってさ。
そういい終わる前に、わたしの右足は芸人くんの後頭部へ。
いきなり回し蹴りはひどいなぁ。

バカじゃないの! バカじゃないの!
花火は薬や魚と一緒で投げられないの!
レベル100超えてるってのに、そんなことも知らないの?
誰でも通る道なのかなぁ。
ま…まぁ、私は試さなくても知ってたけどね!
[PR]
by chiboru | 2008-04-14 23:28 | こたん日記 | Trackback | Comments(0)
リハビリ
b0064907_116264.jpg
いくよ!
…って言ってはみたものの、すっかりいろんなことを忘れてます。
気が付くと、以前使っていたペットは弟魔法士にとられちゃったし、
アイテム欄はよくわからないアイテムでいっぱいだし、
なんで同じ短剣が二本あるんだろ?

まぁ、細かいことは気にしてもしょうがないよね。
ペットは魔法士姉さんが使っていた魔法士ピヨを装備!
アイテム欄のよくわからない収集品は全部露店売り!
短剣は…どっちでもいいや。

狩り場は、とりあえず以前よく出かけていた十字森のマリ姉さんゾーン。
マリ姉さん、翼おとさないかなぁ…ふっふっふ。

狩り場についたら、さっそく昔みたいにマリ姉さんを挟み撃ち。
えいえい…って、あんたなに死んでるのよ!

戦い初めて数秒もしないうちに、芸人君がお星様に。
と思ったら、私も地面に横たわってじたばたしてました。
あれぇ、マリ姉さんってこんなに強かったっけ?

エリムにもどって体制をたてなおしてから、ふたたび十字森へ。

ふと気が付くと、芸人君の短剣からは黒い光が漏れています。
私の短剣は白い光が。
やっぱり、白の方が綺麗よね♪
え? 属性?
そういえば、そんなのもあったわね。
たしかにもう一方の短剣には[黒]って書いてありました。
道理で、マリ姉さんのダメージが少ないと思ったわ。

まだまだ、いろいろ思い出さなくちゃいけないことが、いっぱいあるようです(泣)。
[PR]
by chiboru | 2008-04-07 23:07 | こたん日記 | Trackback | Comments(0)
わたしもあるきはじめる
みなさまお久しぶりです。
こたんです。

魔法士の姉さんが家出してから、
引きこもっていた私だけど、
またまた、旅に出ようかなぁ…とか思ってます。
あれからずいぶん、世界も広くなったみたいだし、
旅のお供が帰ってきたからね。

あとあと!
そのうちゲットできるようになるって、
ず~っと言われていたバイルのアイテムも
やっと、入手できるようになったんでしょ?

とりあえず、トアスの手鏡が欲しいな。

それじゃぁ、いくよ!>芸人君
[PR]
by chiboru | 2008-04-01 00:00 | こたん日記 | Trackback | Comments(0)
最強の剣をもとめて
こんにちは。 こたんです。

先日、夜も遅い時間。
そろそろ、寝ようかなぁ…なんて、歯を磨いていたときのことです。
中の人が、私を冒険に連れ出そうとしました。
眠かったので、ことわったんですけどね。
ルビーとダイヤがもらえるかもよ。
そこまで言うのなら、仕方ありません。
服を着替えて出発です。

行き先は…。(ヤミクエストのネタバレ注意!)
[PR]
by chiboru | 2005-05-26 23:50 | こたん日記 | Trackback | Comments(0)
彼女たちのひみつ
こんにちは。 またまた、こたんです。

一つ前の日記で書いた、マリ姉さんとの出会い。
そのときに、ちょっと気付いたことがあるので、そのことを書いてみます。

あれは、芸人くんがふたりのマリ姉さんに逆ナンパされて、
慌てて逃げたら三人目のマリ姉さんにまで声をかけられてしまい、
どうにもならなくなって気絶したときのこと。

わたし一人でマリ姉さんの相手をするのはツライので、
しんだふりをしながら、芸人くんが帰ってくるのを待っていました。

当然、することもないので、マリ姉さんをまじまじと観察します。
色白できれいねぇ…。
私に気付かず、こちらに背を向けるマリ姉さん。

あっ!
[PR]
by chiboru | 2005-05-21 23:50 | こたん日記 | Trackback | Comments(3)