芸の道ははてしなく
kotan.exblog.jp

えっ?あれ、アルスじゃないの?
2005年 05月 25日 ( 1 )
デモでも起こしますか
本日の定例会見、妙な盛り上がりを見せてました。
会見の場で聞いていたときは
ありゃ~、お芝居はじめちゃったよ。
なんてのんきに見てたんですけどね。

あの会見は、いろんな意味でとても印象的だったので、
あちこちの掲示板や、ブログで話題に上ってました。
私がよくお邪魔させていただくブログでも、このことに触れているところがいくつか。

そういったところを読んでいて、いろいろと感じたことがあったので、
久々にトラックバックさせていただきます。

Pikoさんのblog 細腕ぴこ屋繁盛記
ぴこ 定例会見に行くより

昨日の定例会見の詳細は、こちらに詳しく載っています。
(まとめて下さった方、お疲れ様です。読み返す機会は多いので、大感謝♪)

事の発端は、某GMさんの「みんなでデモでも起こしますか」という一言。
この後に続く一連のやり取りは、どこか芝居ががって見えてしまったので、
ちょっと、冷めた目で眺めておりました。
要は、ユーザーの生の声が欲しいって事ね。
ドロップ率が元に戻されたのも、
韓国ユーザーの苦情が原因って噂もあるくらいだし。
開発側と交渉するときのカードを増やしたいってことかな。
…なんて、いつもながらの深読み。
デモをすることで、交渉がしやすくなるんなら、のせられてみようかなぁ。
このときは、こんなふうに軽く考えていたんです。

深読みは、よくするくせに、あまり深くは考えない中の人。
トラックバック先の記事を読んで、自分の考えの浅さを痛感しました。

定例会見でさえ、あれだけ暴言が飛び交うんです。
デモなんてやったら、収集がつくはずありません。
開発側への暴言や、政治問題へ言及すれば、まとまる話もまとまらないでしょう。
交渉のカードどころじゃなくなってしまいます。
結局は、単なる暴言イベントに、なりさがってしまうんじゃないでしょうか。
(イベントにするくらいだから、このあたりはちゃんと考えてるのかなぁ?)


ただ、だからといって、
なにもしないでドロップアップが来るのを待ち続けるというのも、芸が無いように思います。

…ということで、公式サイトのサポートメールから、
ドロップアップ復活を要望してみませんか?
(みなさんは既に、送信済み?)

開発側との交渉のカードとして使われるかも知れませんし、
まったく、役に立たないかも知れません。
返ってくる返事は、恐らく定型文でしょう。

それでも
ただ待ち続けるよりは、なにか意味がありそうなことをしてみたいなぁ
と思うのです。

この日記を読んで、ご賛同いただけた方。
ご協力いただけると、幸いです。

そうそう、デモイベント中止の要望もね(笑)。
[PR]
by chiboru | 2005-05-25 23:50 | シィルツ日記