芸の道ははてしなく
kotan.exblog.jp

えっ?あれ、アルスじゃないの?
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2005年 04月 18日 ( 1 )
最高の珍味を求めて
先日開催された、ペットキャンペーン。
いつも使い慣れたペットからはなれ、種から育ててみて、改めてペットの大事さを感じました。
あと、レアペット運の無さも…(涙)。

キャンペーンのときは、通常進化でムム大魔王さまに育ってしまったのですが、
今度こそ!…とばかりに、キャンペーンが終わっても種に再挑戦していたりします。
この種。 順調に育って、現在3次のつぼみです。
ここまでは、価格が1000セゲル前後の餌で育てても、そこそこ育ってくれたんですけどね。
そろそろ、成長が鈍るころ。

すこし贅沢な餌で、楽をしようかなぁ。
…ということで、墓地入口にたむろしている狼さんと、魔法士で戯れておりました。
狼さんの落とす、「闇の鎖」がお目当てです。

b0064907_131177.jpg
狩っていると、見慣れたお二人が…。
お友達の僧侶さんと、
こちらのPikoさんです。
餌を集めてるんですよ~
という話をすると
レッドソイルも高い餌が落ちるよ
一緒に行かない?
というお言葉。
甘いお誘いに、二つ返事で応じます。

ウチの魔法士。
当然、まだまだレッドソイルで狩りが出来るようなレベルではありません。
それでも、バイルからの攻撃を引き受けてくれる騎士さんと、
手厚い援護で護ってくれる僧侶さんのお陰で、かなり楽に戦えます。
バイルからのダメージさえなんとかなれば、一撃のダメージが最強の魔法士。
お二人に比べれば、まだまだレベルが低いものの、少しは戦力にはなれたかな。
…なんて、ちょっとだけ天狗になってみたり(笑)。
b0064907_1501857.jpg


そうそう、レッドソイルの西部には奇妙な遺跡がありました。
角を持った頭部の形をした石像が並ぶ遺跡。
レッドソイルは、かつてバリエ教団と騎士団の激しい闘いによって、
草木が生えない死の土地となったとのこと。
この禍々しさから想像するに、ここがバリエ教団の本拠地だったのかな?

b0064907_282945.jpg
門と思われるところから中庭に続く通路の両側に、
不気味な頭部のみの石像が並びます。

そこを通り過ぎていると…
あ、親子の像がある
と、僧侶さん。
Pikoさんも、私も見逃していました。
さっそく、引き返して確認します。

言われてみると、確かに親子みたい。
ただ、パパの後頭部が異様に長いですが…。
ルチ将軍

終わってみると、わりと長い時間狩りをしていたのですが、
そんなことも忘れるくらい楽しい冒険でした。

ウチの魔法士は、この半年ぐらい放置気味だったんですけどねぇ。
こういうお誘いがあったときに、少しでも戦力になれたらいいなぁ。
そのためには、もうちょっと育てておかなきゃ…なんて思う今日この頃。
[PR]
by chiboru | 2005-04-18 01:30 | シィルツ日記 | Trackback | Comments(5)