芸の道ははてしなく
kotan.exblog.jp

えっ?あれ、アルスじゃないの?
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ゲームバトン
from festa maniana!
ミュージカルバトン
from festa maniana!
騎士道とは(ry
from 細腕ぴこ屋繁盛記
太田光の一度やっちまいな
from ノ芸ら
ひまわりくんとシャークくん
from festa maniana!
検索
その他のジャンル
ペット
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2005年 04月 11日 ( 1 )
さくら
b0064907_20291068.jpg
一家総出で、お花見に行って来ました。
場所は、近所の公園です。

この公園、かなりおおきな公園で、中にはキャンプ場や小さな動物園があります。
中にある小さな山ひとつがまるまる桜の木でおおわれていて、
この時期になると、近隣から集まった人で混み合うんですね。

人混みを嫌った兄の提案で、朝のウチから出かけることになりました。
人が居ないウチに陣取って、桜を見ながら朝食、混んでくるお昼には撤退するという作戦です。

…が、同じ事を考えた人はたくさんいたようで、公園の駐車場に着くと、
既に駐車待ちの列が出来ています。
仕方なく、少し離れた場所の有料駐車場に止めて、公園まで歩くことに。

公園内を歩いていくと、やがて目の前には桜色の山が…。
ちょっと、散りはじめなのかな?
風が吹くと、桜の花びらが大量に舞います。

b0064907_20271392.jpg
適当な場所を見つけて、ちょっと遅い朝食。
花びらが、お弁当箱の中にどんどん入ってきますが、
気にしません(笑)。

父上は、そんな花びらを
わざわざお酒の小瓶に入れて、花見酒。


毎年、この時期に桜を見るにつけ、思うこと。
やっぱり、桜には不思議な何かを感じてしまいます。
ほんのり紅色の小片に包まれた木が、圧倒的な迫力でたっていたり、
ひらひらと舞う花びらに、どきどきしてみたり。
気がつくと、こころがマッサージされたみたいに揉みほぐされて、
気持ちが軽くなってるんですよね。

こころの凝りがとれて、のびのび~な一日でした。
[PR]
by chiboru | 2005-04-11 12:46 | 中の人の日記 | Trackback | Comments(3)