芸の道ははてしなく
kotan.exblog.jp

えっ?あれ、アルスじゃないの?
2005年 02月 05日 ( 1 )
お友達がふえました
芸人くんと一緒に狩りをしていたら「こたんさんだ」の声が聞こえてきます。
続く「ブログ読んでます」のお言葉に舞い上がった私は、芸人くんそっちのけで二人の方へ。

お話を聞いてみると、私がよく遊びに行くblogで見かける方々のようです。
いっしょに狩りしませんか?」と嬉しいお誘いもいただいちゃいました。
せっかくのお誘い、普段ならしっぽふりふり付いて行っちゃうところなんですけどね。
芸人くんの中の人が先程から「眠い~」を連発してたので、お断りすることに。

そのままマデリンまでてくてくと歩いて戻って、芸人くんはそのまま寝釣りです。

わたしの方は、先程のお誘いが今頃になって気になり出しました。
さっきのお誘い、断ったのもったいなかったなぁ。
サメくんゾーンに戻ったら、まだ狩りしてるかな?
…と未練たらたらな私は、ガーダーに乗って先程のお二人を捜索します。

いたー!

 …と見つけたのは、先程のサメくんゾーンではなく、お隣のアメマイト湿原でした。
早速、「パーティに入れてくださいっ!」とお願いします。
仲間に入れてもらって狩りを開始です。

レベルを見ると、こたんの方がお二人より10近く上の様子。
各自パーティなので、経験値を吸わないように攻撃力を押さえた速度重視装備にします。
速度重視で手数が増えれば、バイルの攻撃対象もこっちになりやすいかなぁ…という狙いも。

狩っていると、芸人さんがレベルアップ♪
パーティを組んでいて嬉しい瞬間です。

その後、芸人さんの提案で均等パーティに組み直しました。
今度は遠慮なく、殴っていいってことだよね~。
…とばかりに、攻撃力重視に切り替えて、ばんばんダーツを投げつけます。
手数が減った分、アメマイトくんもどっちに攻撃をしぼっていいか分からないみたい。
二人の芸人の間をいったりきたりするようになりました。
これ、うまくいくとダメージ無しで倒せるんですよねぇ。
ひまだよ~」と僧侶さんは残念そうですが…(笑)。

ダーツも残り少なくなってきた頃。
締めに、カニさんを狩ることに。
この芸人さん、先程のレベルアップで80代になったばかり。
僧侶さんも、80直前です。
大丈夫かなぁ」と、おっかなびっくりだったのですが…。
b0064907_047894.jpg
一体狩ってみた芸人さんの感想。

「余裕だよ」


支援力のかなり高い僧侶さんの援助があるとはいえ、芸人ってすごいんですねぇ。

ダーツが切れた後もおしゃべりしてて、リベンジのカニくんに襲われ死にかけたのはナイショ。
びっくり~(汗)。

b0064907_0485494.jpg
危険なので、マデリンに戻っておしゃべり。

危うく忘れるところだったお友達登録もしてもらいました。

また、一緒に狩りしましょう♪

…って、のんびりしてると、おいていかれそう(汗)。
こたんのレベルも上げておかないと…。

[PR]
by chiboru | 2005-02-05 23:32 | シィルツ日記 | Trackback | Comments(8)