芸の道ははてしなく
kotan.exblog.jp

えっ?あれ、アルスじゃないの?
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
モラトリアム
先日の日記
朱雀が+9になるまで狩りはしないよ
なんて書いていたのですが、
やっぱり、その威力が試したくなってきます。
結局、+8になったところで、新戦力投入となりました。

新戦力は朱雀だけではありません。
先日までの、精錬禁止令といった節約塩ごはん生活の反動がどっとやってきたのです。
現在つかっている杖は、ラジエル+8なのですが、



 
 
コレを+9にしようかと思ったのですが、失敗したときの影響を考えて諦めました。(^_^;
現在のお財布の中味を考えるに、失ったラジエルを再度入手して、
しかも、現在の+8相当まで復元する財力はとてもありません。

では何をしたかというと、グリーンウッドの投入です。
入手できる確率は低いとはいえ、
今後も蜂羽をもとめてブラウンゾーン通いが続くと考えたのでした。
こたん:あれ? でも属性石は全部売り払ったっていわなかったっけ?
う…痛いところをつくなぁ。
ご指摘の通り、手元には属性石なんてありません。
こたん:じゃぁじゃぁ、どうやって手に入れたの?
それは、先日のこと。
芸人くんの中の人とこんなやりとりがありました。
あれは、ホワイトスピリットゾーンへ狩りに出かけたときのこと。
芸人くんの短剣からは、金色の光がこぼれています。
わたし : なんで、闇属性の短剣をつかわないの?
芸人くんの中の人(以下、中の人) : ああ、間違ちゃった。
と、闇属性の武器に取り替えます。
ここで、こぼれる光が金色のままだったのは、先日お話したとおりです。
実は、この先にはまだつづきがあったのです。
わたし : ちょっと待って、ちょっと待って  なんで金属性の短剣なんか作ったの?
芸人くん : いやあ、なんとなく(笑)
わたし : そんな、勿体ない! 売ったら30Mセゲル以上するんだよ
芸人くん : どうせ、持っていても使わないからいいの
芸人くんの中の人は、こういったことにあまりこだわらない人だったりします。
わたし : そういえば、グリーンウッド持っているって言ったよね。
わたし : 使わないなら、貸してもらえない?

芸人くん : ああ、使わないからあげるよ
…と折角の申し出なのですが、さすがに40M前後する緑石をもらうのも気が引けるので、
とりあえず「借りる」ということにしてもらいました。
芸人コンビが、土ゾーンに行くまでに返すという約束です。

かくして、ラジエル+8は、ラジエル[木]+8となりました。

早速、ブラウンソイルゾーンへ出向いて試し打ち。
朱雀&グリーンウッドの力は、期待以上のものでした。

これまで、蜂の女王様を倒すのに
フェニックス→メガファイアストライク→ファイアストライク→アイスキューブ
と4つの魔法がひつようだったのですが
フェニックス→メガファイアストライク
のふたつだけで、ほぼ女王様のHPを奪い取る勢いです。
残念ながら、倒すところまではいきませんが、
朱雀が+9になればなんとかなるんじゃないかな。

嬉しくなったわたしは、女王様を倒しまくります。
小一時間ほど狩っていると、レベルがあがりました。
b0064907_20424343.jpg
気が付くと二次職へ転職できるレベルです。

ソロではレベル150での転職は、途中の試練が大変なため難しいのですが、
こちらはサポートしてくださる方がいらっしゃるのでなんとかなりそうです。

問題は、「炎魔道士」か「氷魔道士」かということ。
もともと、わたしは火力を求める傾向があるので、
一次職では炎系の「ファイアマスタリー」をとっておりました。
そのままの流れで行けば、「炎魔道士」になるところです。
でも、「氷魔道士」の魔法も魅力的なんですよね。
何度か、ブラウンソイルゾーンで見かけた氷魔道士の方が使っていた、
敵バイルを凍らせてしまう魔法。
火力にものをいわせて敵を倒すのもいいのですが、
ああいった特殊な魔法って、なんか魔法使いっぽくていいなぁ…とか思うのです。

シィルツには、どちらの魔道士が多いんでしょうか。

炎魔道士か氷魔道士か。
じっくり悩んでみたいと思います。

もし、こっちの方がいいよ、といったご意見などありましたら、
お聞かせいただけると幸いです。
[PR]
by chiboru | 2008-06-16 23:55 | シィルツ日記