芸の道ははてしなく
kotan.exblog.jp

えっ?あれ、アルスじゃないの?
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ゲームバトン
from festa maniana!
ミュージカルバトン
from festa maniana!
騎士道とは(ry
from 細腕ぴこ屋繁盛記
太田光の一度やっちまいな
from ノ芸ら
ひまわりくんとシャークくん
from festa maniana!
検索
その他のジャンル
ペット
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
姉妹
こんこん。
ノックの音。

それに応えるように
どがたん!
… という、床に何かをたたきつける音。
ちょっとして、ぱたぱたという音が近づいてきて扉は開きます。

ちょっと赤くなったおでこをさすりながら、扉から顔を出す魔法士姉さん。
あら、芸人くん、いらっしゃい。

ええと、こたんよね?
ごめんなさい。
あの子、今でかけてるの。
すぐに戻ってくると思うんだけど。
たたみかけるように、早口で言葉を吐き出す魔法士姉さん。
まるで、なにかを気付かれまいとしているみたいです。

でも、その目論見は無駄だった様子。
あの…大丈夫…ですか?
どこかにぶつけたらしいおでこと、
右袖の模様がくっきり浮き上がっている右側のほっぺを見ながら、
芸人くんがたずねます。
え?
なんのこと?
にっこり笑って、あくまで、ごまかそうとするお姉さん。

右腕の袖をよく見ると、なにやら染みのようなものがついています。
芸人くんの視線に気付いて、あわてて腕を後にまわす魔法士姉さん。
時すでに遅しといったところです。

よく寝る人だなぁ。
こないだ来たときも、寝てたっけ。

そんなことを考える芸人くん。

おでことほっぺの異常については、
本人が全力でこの世から消し去ろうとしているので、
これ以上ふれないことにします。
えっと、こたんさんはいつもの露店巡りですよね。
僕、あのあたりを探してみます。
と去ろうとすると
あ、ちょっと待って。

あの子も、もうすぐ帰ってくると思うから、
お茶でも飲んで待っていたら?
芸人くんは、魔法士姉さんのいれたお茶の美味しさを思い出して、
その言葉に甘えることにしました。



 
 
居間に通される芸人くん。
ちょっと待っててね。
すぐ、お茶を入れるから。

このあいだ、いいことがあったから、ちょっといいお茶を買ったの。
これが、美味しくてね~。
といいながら、お姉さんは台所へ姿を消しました。

しばらくすると、う゛お゛っという悲鳴ともうなり声ともとれる声と共に
どんがらがっしゃん
という壮絶な音が聞こえてきます。

芸人くんは、大丈夫かなぁ…と気になりつつも、
さっきのことがあるので、何も聞かなかったことにしました。

しばらくすると、ティセットを載せたトレイを抱えて、
魔法士姉さんは居間に戻ってきました。

さっそく、お茶に口をつける芸人くん。

やっぱり、美味しいなぁ。
いつものお茶も美味しいけど、今日のは格別だよ。
そういえば、こたんにこういうことしてもらったこと無いなぁ。
同じ姉妹でも、こうも違うもんかな。

…と、そこまで考えて、頭に浮かぶこたんの怒った顔。

いや、人には得手不得手があるからね。
こたんはこたんで、いいと思うよ。

あわてて、心の中で言い訳します。


ふと、魔法士姉さんの方に目を向けると、肩に赤い鳥がとまっています。
あれ、これって…
朱雀に育ったんですか?

あ、これね。
ちがうの。
これは、買ったのよ。


一緒に闘ってみて、どうです?
やっぱり、攻撃力は段違いですか?

それがね。
実戦は、まだなの。
どうせなら、+9まで育ててから…と思ってね。

でも、さすが鳥系のペットだけあって、
普通のエサじゃなかなか育たないのよ。

一緒に闘うのは、いつになることやら。
と笑う魔法士姉さん。

芸人くんが切り出します
こないだ、カップル日数が2000日になったんです。
そのときにもらった、バラがあるから使ってください。

あら、気を使わせちゃったかな。
そんなの悪いわ。


いいんです。
どうせ、僕はこのバルキリーしか使わないから、
バラがあっても使いませんから。

それだったら、露店で売ればいいんじゃない?
結構な、収入になるはずよ。

…って、あなたが2000日ということは、ウチのこたんも2000日よね。


はい、一緒にお祝いをもらいに、聖堂にいきましたから。

じゃぁ、いまごろ銀行の中にバラがしまってあるわね。
バラなら、+9もすぐだわ!


え? あれ?
それって、こたんさんのじゃあ…。
それに、売ればお金になるって…。

いいのよ。
あの子ったら、人が一生懸命ためたお金を、
かたっぱしから自分の趣味装備に変えていくんだから。
たまには、貢献してもらわないとね。
視線は遠くを見つめ、力強く、そう言い放つ魔法士姉さん。

その姿を見て
ああ、やっぱりこの人とこたんは姉妹なんだなぁ。
と納得する芸人くんなのでした。
[PR]
by chiboru | 2008-06-08 23:14 | シィルツ日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kotan.exblog.jp/tb/8765581
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード