芸の道ははてしなく
kotan.exblog.jp

えっ?あれ、アルスじゃないの?
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
雪中梅
週末になったら、BlogPetの設置するぞ~!
…なんて意気込んではみたものの、今日は母上とお出かけでした。

行き先は、水戸の偕楽園。
梅を観て、お昼にはアンコウ鍋を食べる。
魅惑のバスツアーに参加です。

ただ、参加しての感想は、イマイチな感じ(汗)。

現地について、まずアンコウ鍋を食べたのですが、つまづきはここから始まってました。

b0064907_231296.jpg
左上にあるのがアンコウ鍋。

温泉旅館などでよくでる、ロウの固まりみたいなのに火をつけて、一人一人の鍋を温めるタイプです。

が!

なぜか、私の鍋だけ、ロウに火がついてません。
 火をつけわすれたのね。
…ぐらいにおもって、従業員のおばさまに火をつけてもらうようにお願いします。
あ、すいません」と恐縮しつつ下がるおばさま。

が!
10分たっても戻ってきません。

業を煮やした母上が、割り箸の袋に、自分の鍋の火をつけて、私のロウに点火しちゃいました。
母上! あぶないよ!!(涙)
母上の勇敢な挑戦のおかげで、わたしもアンコウ鍋にありつくことができましたが…。

そうそう、おばさまは、最後まで戻ってくることはありませんでした。


このツアーの最大の目玉は偕楽園の梅。
これが楽しめれば、今日の目的は果たしたことになります。

が!
偕楽園につくと、並んでいる白い彼ら。
b0064907_23224536.jpg


数日前に降った雪がまだ残っておりました。
つまり、雪が残るほど寒いわけで、そんな状況で梅が咲き乱れるはずもありません。
大半の梅は、つぼみのままでした(涙)。

そんななかでも日当たりの良いところにある梅だけは、なんとか咲いています。
b0064907_23294150.jpg
そんなレアな梅をながめつつ…
雪の中の梅なんて風流だね。
…などと強がって見せた、母上と私なのでした。


帰宅して、気付いたことが一つ。
今日って、PvP闘技場のお披露目だったっけ(汗)。
しかも、要望に応えて再公開してたのに!
再公開の時間には、帰宅していたので参加できたんですけどね。
そのころ私は、本日ゲットした、レアものの干し芋をパクついておりました。

…と、むりやりシールにからめたところで、本日の日記を終わりにします。
[PR]
by chiboru | 2005-02-26 23:12 | 中の人の日記 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://kotan.exblog.jp/tb/2128037
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Piko at 2005-02-27 01:21 x
おばちゃん、仕事せぇよ・・・orz

アンコウって食べたことないなぁ・・・おいしかったですか?
一度食べてみたいものの上位にランクされております。

PvP闘技場は意外と狭かったです。
とりあえずウチの日記にもその辺の記事、書いときますね。
Commented by 薄雲 at 2005-02-27 05:14 x
やっぱなんつーか、あれですよ。
旅行とか遠出した時は、その「遠出した」という雰囲気を楽しむのです!
その場所の食事がうまかろーがまずかろーが、雰囲気に飲み込まれて
納得するのであります。私はそう自分に言い聞かせています・・・。
Commented by pinkytanaka at 2005-02-27 12:11
干し芋の画像は!?
干し芋の画像は!? (干し芋大好きオサーンより)
Commented by buninin1 at 2005-02-27 16:22
アンコウも干し芋もたべたことがありません・・・。
Commented by chiboru at 2005-02-27 22:54
>Pikoさん
旅行会社も安く上げたかったのか、民宿みたいなところで食べたんですね。
いっきに、数十名もおしかけたので、許容量をこえちゃったのかも。

私も、アンコウは初でしたが、なかなか楽しく、美味しかったですよ~♪
アンコウの肝を解いた味噌仕立てのダシも濃厚でしたし、身の部分も、ゼラチン質のぷにぷにしたところがあって、楽しめました。
是非、一度、挑戦してみてくださいまし。

そのときは、少々高くとも、ちゃんとしたお店に行くことをお薦めします(笑)。

>薄雲さん
そうですねぇ。
旅に出れば、それなりに目当てのものがあると思いますが、なかなか思い通りに行かないことも多いですしねぇ。
素直に、旅の非日常を楽しんだ方が、勝ちですね。
実際、思い通りに行ったことより、こういうトラブルの方が、後になって楽しい思い出になったりします。
今回は、blogのネタになっちゃいましたし…(笑)。

Commented by chiboru at 2005-02-27 22:54
>pinkyさん
おおっと、ご要望いただきましたので、次回はそのネタを…(笑)。

>ぶににんさん
どちらも、普段、食べる機会はないですよねぇ。
鍋の方は、お店で食べようとすると、茨城まで行かないといけないのかな?
わりと、敷居の高いメニューのように思います。

干し芋は、スーパーによっては置いてあるところもあるようです。
軽く、トースター等で軽くあぶって(母上はストーブの上であぶってました(汗))から食べると、柔らかくなって美味しいかも。
お芋の自然な甘さが魅力なんです♪
Commented by ぶり at 2005-03-03 20:47 x
偕楽園と言ったら「のし梅」
梅祭りに行ったときはいつも買って食べてます。
美味しいですよ^^
Commented by chiboru at 2005-03-03 22:26
>ぶりさん
あ、それも欲しかったんですよねぇ。
自分用みやげとして候補にあがったのは、水戸の梅、梅ふくさ、のし梅、などなど。
でも、結局、「冬季限定」の言葉にまけて、干しいもになっちゃいました。

今度いったときは、のし梅に挑戦してみます。
情報、ありがとうございました~♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード