芸の道ははてしなく
kotan.exblog.jp

えっ?あれ、アルスじゃないの?
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ゲームバトン
from festa maniana!
ミュージカルバトン
from festa maniana!
騎士道とは(ry
from 細腕ぴこ屋繁盛記
太田光の一度やっちまいな
from ノ芸ら
ひまわりくんとシャークくん
from festa maniana!
検索
その他のジャンル
ペット
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
わたしはあんな風にはならないから
昨晩、翌日の準備をしながら、音がないと寂しいなぁ…とテレビをつけました。
適当にチャンネルを変えていくと、「ネットゲーム依存症」の文字が画面に踊ります。どうやら、インターネット依存を扱ったドキュメンタリー番組のようです。 私も、ネットゲームをやっている身なので、内容が気になって見てました。

見終わっての感想としては、「またかぁ」といった感じ。
ネットゲームに極端にはまりこんだ人たちを紹介して、危機感を煽るといった内容でした。
これって、随分手垢が付くくらい、何度も繰り返されてきた手法じゃないでしょうか。
これを放送することによって、なにを伝えたいのかなぁ…と疑問に思います。

ネットゲームにはまりすぎる恐怖?
これだけを殊更に伝える意味って、あるんでしょうか?

例えば、最近ネットゲームにはまった高校生の息子を持つ母親がこれを見たとします。
母親はこれを見て、当然、不安になります。
あんた、いいかげんにしないと、こんな風になっちゃうわよ!
言われた息子の方も、テレビで紹介されているのがあまりに極端な例なので、自分がそうなるなんて考えられません。 「うるさいなぁ」の一言で終わっちゃいます。
こうなると、母親はなんとかネットゲームを止めさせようとするでしょうし、息子の方は「あんな風にはならない」と信じているので、聞く耳を持ちません。
結局、平行線でお互いの溝が深まるばかりです。

こういう番組って、本当は、これから依存症になるかも知れない人たちに、警告するのが目的だと思うんです。 なのに、見せつけられる例が、あまりに極端すぎて自分に関係あることのように見えないんですよね。

ネットゲームをしている人口というのは、近年、相当な数になっていると思います。
ゲーム人口の大半は依存などせず、実生活とバランスを取りながら遊んでいるはずです。
そういった、バランスの取れているひとの様子も併せて紹介できれば、視聴者も身近なこととして考えるんじゃないでしょうか。

普通に生活している人として紹介されれば、自分の生活と比較することに、さほど抵抗は無いと思います。 その上で、「紹介されている人より依存度が高いなぁ」と思えば、生活を改めればいいわけですし、「依存度低いなぁ」であれば今のまま生活を続ければいいことになります。

極端な人を紹介して、「自分には関係ない」と思考停止させてしまうより、いくらかは考えて貰える可能性が高いと思うんですけどねぇ。

そういう自分は、しっかり考えているのかって?
私は、あんな風になったりはしませんよ!(思考停止)
[PR]
by chiboru | 2005-01-24 23:50 | 中の人の日記 | Trackback(1) | Comments(7)
トラックバックURL : http://kotan.exblog.jp/tb/1822121
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 細腕ぴこ屋繁盛記 at 2005-01-25 18:33
タイトル : 本物の命は一人一個限定ですよ?
本題とは大分外れてる気がするんですが 根っこは同じかなぁ・・・と思うのでちょっとトラバします。 わたしはあんな風にはならないから 今日の昼休みにこんなニュースを見て、少し思うところがありました。 「死んだ人、生き返る」小中学生の15%…長崎県調査 ... more
Commented by Piko at 2005-01-25 01:02 x
N○Kってほんとこういうの好きですよねぇ。
悪い面ばかり見せたがるというかなんと言うか。
どうせなら海○沢カイチョーのドキュメントでもやったらいいのにとか思ってしまいます。

私はああはなってない・・・と、思う・・・。
ほかの事に興味が向かないほどのめりこんでる訳ではないし。
でも、仕事中にBlog書いたりするのは・・・あぁ、依存度やや高い?(笑)
Commented by 薄雲 at 2005-01-25 06:13 x
私も見てましたー。最後のほうにちょっと救いの手でもあれば良かったんですけどね。PC自体触ったことのない人たちがあの類の番組を見ると、ネット・オンラインゲーム・2ちゃんねる等の言葉を発している人を見るだけで偏見の目でみるんじゃないでしょうかね。ネトゲやってる人はみんなこうなりますよ的な構成の仕方はどうかと思いました。そういえば以前社長もblogか日記に書いていたような。

私は「依存」はしてないと思ふ。多分。(笑)
Commented by Piko at 2005-01-25 18:44 x
この番組ってNTVでやってたんですね。(見てないのバレバレorz
以前NHKでも似たようなのやってたような。それで早トチリしました。ゴメンナサイm(_ _)m
やってるのは知ってたけど、どうせ似たようなものだろうと思って観ませんでした。
内容的には以前見たの(多分NHK)とそんなに変わらないのでしょうけど・・・

とりあえず海○沢カイチョーに謝ってきますノシ

●あと、似たような(?)ニュースみっけたのでそれのことについてトラバしておきますね。
Commented by chiboru at 2005-01-25 22:39
>Pikoさん
トラックバック、ありがとうございます~。

私もぱかぱかチャンネルをかえていたら見つけたので、放送局を知りませんでした(笑)。
そっかぁ、○HKだったのかぁ…と素直に納得。
よく考えたら、CM流れてたっけ…(汗)。

この番組見てらっしゃらないそうですが、「悪い面ばっかり」とか的確なツッコミです。
いかに、こういった番組が紋切り型であるか、ということです(笑)。

依存度に関しては、はっきりとした判断は出来ないでしょうねぇ。
依存度の高い方に傾く時期もあるでしょうし、はたまた、ネットから距離を置く時期というのもあると思いますし…。
その両方の間をふらふらしながらも、実生活が破綻してなければいいんじゃないかなぁ…なんて、個人的には思っています。
Commented by chiboru at 2005-01-25 22:39
>薄雲さん
そうなんですよねぇ。
私も、インターネットを楽しんでいる人たちを、まとめてアブナイ人の予備軍にしたてあげようとしているように感じました。
これって、そうでない人からすれば、麻薬に手を出す人と同じに見えるんじゃ?
大事なのは、お互いの溝を深める事じゃないはずです。
お互いの理解を深められれば、対話もしやすくなるはずですし、そこから解決策も見つけやすくなると思うんですけどねぇ…。
Commented by pinkytanaka at 2005-01-26 10:30
テレビ番組は「結論先にありき」で、予算・時間内に無理やり
まとめるのが優先です。その程度っす。あんまり気にしないでいいっす。
偏見を加速するのはいい迷惑ですぐわ。
あんなのは、景気悪いとか社会悪がのさばってるとか個々の家庭の事情とか生い立ちとかの、個別の要因を無視してネットを悪のキーワードにしたてた「思考停止」ですよー。
鵜呑みにする人はテレビ依存症ですよー。
ネットの情報交換が縁で結婚した知人もいますし、ひとの縁が生まれる
って意味のあるもんだと思いますねぇ。
Commented by chiboru at 2005-01-27 01:47
>pinkyさん
ネットでの縁というのは、他の手段では得にくいものですよね。
日本各地に住む人たちが、同じ時間を共有できるというのはネットならではだと思います。

ところが、ネット上での縁は「バーチャル」という言葉で括られて、あたかもニセモノのように扱われます。
これって、いままで文通や電話で行われていたことが、ネット上に置き換わっただけなんですけどねぇ。
手段が変わっただけで、そこに乗る人間の思いというのは一緒のはず。
ですから、ネットで上での縁は大事にしたいと思いますし、その環境を提供してくれるネットを忌むべきものとするのは、違和感を感じます。
とっても、優れた手段なのにねぇ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード