芸の道ははてしなく
kotan.exblog.jp

えっ?あれ、アルスじゃないの?
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
救命病棟についてぐずぐず述べてみる
久々にトラックバックです。
blog的にお世話になっている薄雲さんが、昨日、放映された「救命病棟24時」について語ってらっしゃるので、私も負けず、「ぐずぐず」と語ってみようと思います。

through_thefireさんのblog いいちこ。XGより
芸人に春が来た

第一話だけあって、人物紹介というか近況お知らせ的な内容で始まりました。
正直、このあたりでは「ちょっとツライなぁ」と思いつつ、「もうすぐ、すごいこと起きるよ~」と訴えかけてくる「地震発生まで○○時間」のテロップにつられて見てました。

そして番組内予告通り、地震発生。

それまでも、それなりに盛り上がりを用意して飽きさせない演出はあったのですが、ここで一気に引き込まれてしまいました。
地震のせいで横滑りする車、崩壊していく建造物、煙に包まれる夕焼けの東京。
恐らく、大半がCGなんでしょうけど、とってもすごい迫力です。
そして、その後のジェットコースターのようなストーリー展開に、ぐいぐい引きつけられます。
地震が起きてからは、時間が経つの早かったなぁ。

このシリーズは、この地震後のお話で進むのかな。
いきなり、なにもかも復興してたりしたら、妙ですし(笑)。

この緊張感を保ったままお話が進むなら、面白そうですねぇ。
来週が楽しみです♪




このお話、救命病棟のシリーズにする必要があったんでしょうか?
今までのシリーズとは、明らかに趣が異なっているように思います。

放送されるタイミングから、昨年の新潟県中越地震に発想を得てると思われます。
(1/14追記:企画自体は、新潟県中越地震以前よりあったそうです。
 ちょっと、深読みしすぎました…(汗)。)


もし、震災後の混乱で活躍する医師を描きたかったのであれば、既に世界観が整っている彼らではなく、別のキャラクターや環境を用意するべきだったと思うんです。
そこで、彼らを連れてきてしまうあたりに、テレビ局の「視聴率とるよ~!!」という計算が見えているような気がして、げんなりしてしまいます。

たぶん、これまでの救命病棟シリーズを好きだった人たちも、今までの世界で新しいお話が見たかったんじゃないかなぁ。
(まぁ、好きだった彼らにまた会える、という意味では、嬉しいかもしれませんけど…。)

お話が面白くなりそうなだけに、ちょっと残念でした。


気になったことその2。

公式ページに載っている視聴者からのメッセージ。
大泉さん、微妙に人気者ですねぇ。
[PR]
by chiboru | 2005-01-12 22:42 | 中の人の日記