芸の道ははてしなく
kotan.exblog.jp

えっ?あれ、アルスじゃないの?
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
楽しいパーティ
シールは元々ソロでも普通に遊べるバランスになっているところに加えて、
様々な要因から一般的なパーティは珍しくなっているようです。
例えば、一人で2台のパソコンを駆使して前衛職と僧侶をあやつる一人パーティ。
例えば、パーティとは名ばかりでそれぞれ個別に狩りをするSPT

大きなギルドなどでは、普通にパーティを組んで狩りに出かけたりするのかも知れませんが、
わたし自身は、シィルツで知り合った方々とパーティを組むことはほとんど無くなりました。
(まぁ、現実世界のお友達で集まって定例パーティを組んで狩りに出かけていますが、
これはまた別物だと思います。)

いつもたまり場にしているチャット部屋の人とも、
「メンバーが揃ったらまた狩りに行きたいね」なんてお話しておりました。
まぁ、そうはいっても、実現は難しいだろうなぁ。






…なんて考えていたのですが、
その願いは、本日、あっさりかなえられたのでした。

きっかけは、チャット部屋にいらしてるかたの
エステロン湖へいってみない?
の一言。

パーティで狩りしたい…と考えていらしたのは皆さんも一緒のようで、
あっさり、パーティ狩りが決定♪

エステロン湖といえば、かの悪夢が思い出されます。
しかも、噂ではここのバイルは避けまくるため、かなり命中が高くないと当たらないとのこと。

でも、今回はあのときとは違います。
参加メンバーは、200レベル前後のキャラクターが多数を占め、
しかも僧侶さんによる命中アップの支援により避けまくりの問題も回避できます。

メンバーはこんなかんじ。
b0064907_22313176.jpg

・魔剣士さん
・ギャンブラーさん
・僧侶さん
・氷魔道士さん
そして、わたし(炎魔道士)です。

パーティのリーダーに、ポイブス山南部に飛んでもらって、
エステロン湖ワープの直前で召還してもらいます。

ワープをくぐって戦闘開始。
とりあえず、湖を一周してみようということになりました。

以前の瞬殺の記憶があるので、ちょっとドキドキしていましたが、
狩りを初めてみるとなかなかいい感じです。
…というか、ギャンブラーさんの火力が圧倒的(!)で、
魔法士部隊が魔法を打ち込む前にバイルが倒れていきます。

ちょっとムリをしても大丈夫かなぁ…ということで、
各自、お互いを助け合いながらパーティ全体で複数の敵にあたることに。
このくらいが丁度いいバランスのようで、
魔剣士さんが殴っているバイルに魔法士が後から魔法を打ち込んだり、
魔法士二人がかりで1体のバイルにあたったり、
いろんなタッグが楽しかったり。

島の中央にも渡ってみようということになって、橋を渡ります。
どうやら、島の方は外周に比べてバイルの密集率が高いようで、
倒しても倒しても次から次へと沸いてくるバイル。
ギャンブラーさんが気絶したりと、なかなか緊迫感あふれる場所でしたが、
久々の緊張感が心地よかったなぁ。

b0064907_22454288.jpg
個人的に楽しかったのが、
氷魔道士さんとの連携魔法攻撃。

まぁ、特別になにかするわけではなく、
両側から魔法を
ガンガン打ち込むだけですが…(^_^;

でも、派手な魔法効果が重なって、
敵バイルを包む光景は、
なかなか素敵でした。
狩りの前には
装備一人いっこずつでるまで狩りね
なんて言っていましたが、
狩り自体が楽しくてドロップなんてどうでも良くなっていたり。
(あ、これってわたしだけかな?(^_^; )

あ、でもでも!

僧侶さんの中の人とは親しくさせていただいているのですが、
この方もとても楽しんでおられた様子。
あとでこのときの話をしたときに
また、いきたいね~。
と熱く語っておられました。

うん、楽しんでいたのはわたしだけじゃなかった。

なかなか、メンバーが揃うことがないので頻繁にはムリなのかも知れないけど、
みんなの時間が合えば、また一緒にお出かけしたいな…と思うのです。
[PR]
by chiboru | 2008-12-30 23:01 | シィルツ日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kotan.exblog.jp/tb/10163745
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード